ドイツの法人所得税

Tax
Tax

Stripe Tax では、一度の導入で世界中の支払いに対する税金の計算、徴収、レポート作成をご利用いただけます。登録が必要な場所を把握した上で適切な税額を自動徴収し、申告のために必要なレポートも作成することができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 法人所得税とは
  3. 法人所得税の課税対象者
  4. 有限会社 (GmbH) は法人所得税を支払う必要があるか
  5. 社団は法人所得税を支払う必要があるか
  6. 法人所得税率とは
  7. 法人所得税の計算方法
  8. 法人所得税評価書とは
  9. 法人所得税番号の申請方法

法人所得税はドイツにおける法人税制の重要な側面です。この記事では、法人所得税の重要性、支払い義務者、計算方法について包括的に説明します。また、法人所得税番号の申請に必要な手順についても説明します。

この記事の内容

  • 法人所得税とは
  • 法人所得税の課税対象者
  • 有限会社 (GmbH) は法人所得税を支払う必要があるか
  • 社団は法人所得税を支払う必要があるか
  • 法人所得税率について
  • 法人所得税の計算方法
  • 法人所得税評価書とは
  • 法人所得税番号の申請方法

法人所得税とは

法人所得税は法人税とも呼ばれ、事業体の所得に対して課される税金です。これは自然人の所得税に相当します。営業税とともに、ドイツの主要な法人税の一つです。法人所得税は、財務計画や事業戦略の管理において重要な役割を果たします。

法人所得税の課税対象者

有限会社 (GmbH) や社団 (次のセクションで詳細を説明) に加え、株式会社 (AG)、事業会社 (UG、有限責任)、協同組合、その他私法や公法に基づく事業体も法人所得税を納める義務があります。有限会社と同様に、株式会社や事業会社は私法上の事業体であり、利益を上げることを目的としているため、課税対象となります。

原則として、協同組合にも法人所得税が課されます。ただし、特定の社会的、文化的、経済的目的を追求する協同組合には特別な規制が適用されるため、一定の条件下で税制上の優遇措置を受けることができます。

また、ドイツを拠点とする企業だけでなく、ドイツを源泉とする所得を持つ外国企業も制限付きで法人所得税の課税対象となる点に留意する必要があります。つまり、ドイツで発生した所得はドイツで法人所得税の課税対象となります。

有限会社 (GmbH) は法人所得税を支払う必要があるか

ドイツの有限会社には法人所得税の納税義務があります。有限会社は法人として課税され、利益に対して法人所得税を支払う必要があります。

法人所得税は、有限会社の年次財務諸表に基づき、法人の納税申告書の一部として毎年計算されます。商法の規定に加え、法人所得税法と所得税法の規定を遵守する必要があります。経営陣は利益と税金を適切に判断する責任があります。この義務に従わない場合、個人的責任や刑法上の結果を招く可能性があります。

有限会社には、法人所得税に加えて営業税の納付義務もあります。営業税の額は、有限会社が拠点を置く自治体によって異なります。状況によっては、付加価値税、キャピタルゲイン税、賃金税など、その他の税金が適用される場合もあります。法人所得税やその他の関連する税金に関しては、法的要件を満たし、財務上のリスクを低く抑えるために、慎重な計画を立て、助言に耳を傾ける必要があります。

社団は法人所得税を支払う必要があるか

ドイツでは、社団に対する法人税の納付義務はさらに区別されています。原則として、社団は私法上の事業体として法人所得税の納税義務を負います。つまり、特定の状況においては、社団は所得に対して法人所得税を支払う必要があります。しかし、実際の納税義務の内容は、所得の種類と社団の活動によって異なります。

営利を目的としない非営利団体、教会、慈善団体は、法人所得税法 (KStG) 第 5 条に基づき、一般的に非課税となります。社団の慈善目的に合致した収入に対して免除が適用されます。しかし、このような社団における単なる資産管理を超える営利目的の事業運営は、課税対象となる可能性があります。そのような場合、社団は該当する活動からの収入に対して法人所得税を支払う必要があります。

経済活動を行っている非営利団体には、一般的に法人所得税が課されます。会費、寄付金、経済活動からの収入など、社団のすべての収入には法人所得税が課されます。

そのため、社団は活動内容を注視し、課税対象となる商取引の範囲を明確にすることが重要です。それを踏まえ、活動を正しく分類し、税制上の優遇措置を受けるには、専門家による税務アドバイスが重要な鍵となります。

法人所得税率とは

現在、ドイツの法人所得税 (KSt) の税率は、有限会社や株式会社などといった事業体の課税所得の 15% です。この税率に加え、法人所得税の 5.5% に相当する連帯課徴金も課されます。その結果、企業の利益に対する実効税率は約 15.83% となります。

この税率は、規模や生み出した利益に関係なく、すべての企業に適用されます。この税金は、すべての営業経費を差し引いた後の、株主への配当前の利益に基づき計算されます。

法人所得税の計算方法

ドイツの法人所得税は課税利益に基づいて計算されます。計算プロセスにはいくつかの段階があります。

1.商業収支の利益の決定: まず、商法に基づく年次財務諸表に従って利益が決定されます。これは、すべての営業収入から経費を差し引いた額です。

2.税法に基づく調整: 商業収支の利益は、税法上の修正により調整されます。これには、課税利益を決定するための加算 (控除対象外事業費など) と控除 (非課税所得など) が含まれます。

3.法人所得税率の適用: このようにして決定された課税利益に 15% の法人所得税率が適用されます。

4.連帯課徴金の計算: 法人所得税に加え、5.5% の連帯課徴金が課されます。この結果、実効税率は約 15.83% となります。

5.繰越欠損金の検討: 過年度に損失が発生した場合、これを現在の利益と相殺することで、税負担を軽減できます。

6.四半期ごとの前払い: 年間予想税額に基づき、四半期ごとに法人所得税を前払いします。これは実際の年間納税額と相殺されます。

法人所得税の正確な計算は、個々のケースに応じて複雑になる場合があります。特に、特定の税制を適用して税負担を最適化する場合は、しばしば税務コンサルタントの専門知識が必要となります。

法人所得税評価書とは

法人所得税評価書とは、ドイツの税務当局が事業体の法人の納税申告書を監査した後に発行する公式文書です。この評価によって、その事業が当該課税年度に支払う法人所得税額が決まります。法人所得税評価の主な内容は以下のとおりです。

1.法人の納税申告書の作成と提出: 商法に従って年次財務諸表 (貸借対照表) を作成した後、企業は毎年法人の納税申告書を作成し、税務署に電子申告で提出する必要があります。通常、提出期間は対象年の翌年の 7 月 31 日までですが、税理士が翌々年の 2 月末日まで延長することができます。

2.法人所得税評価書の内容: 評価書には、事業の課税所得に基づく法人所得税の計算が含まれます。繰越欠損金や特別な規制など、関連するすべての税務要因を考慮した内容になります。

3.前払い金との照合: 評価では、すでに支払われた前払い金と実際に支払うべき税金を比較します。差額が発生した場合は、追加の支払いまたは返金となります。前払い金が少なかった場合は追加の支払いが、前払い金が多かった場合は払い戻しが行われます。

4.会計処理と還付: 還付が行われる場合、事業の勘定科目に対して対応する記帳が行われます。還付金は、税務署への申請と照合されて銀行口座に記録されます。

5.電子送金: 法人の納税申告書および関連書類は、公式の書式を使用して電子的に提出する必要があります。

法人税評価は、さらなる税務や会計上の意思決定の基礎となります。曖昧な点や評価に対する異議がある場合、企業や担当の税理士は一定期間内に異議を申し立てることができます。

法人所得税番号の申請方法

法人所得税番号の申請は、ドイツでは特に新規法人設立の際に重要な手続きとなります。通常、法人が設立されて商業登記簿に記載されると、商業登記簿のデータが税務当局に送信されるため、この手続きは自動的に開始されます。その後、所轄税務署が新規事業者に連絡し、税務登録のための質問書を送付します。この質問書では、事業内容、事業の活動、株主に関する詳細な情報を収集します。

事業者は質問書に丁寧に記入し、税務署に返送します。これは、郵送または ELSTER ポータルを通じて電子的に行うことができます。税務署は提出された情報を確認し、法人税番号を付与します。この手続きには時間がかかる場合があります。法人税番号が発行されると、税務署はすぐに事業者に通知します。それ以降は、事業のすべての公式文書に法人税番号を記載する必要があります。

質問書に記載する情報はすべて正確かつ完全であることが重要です。これが企業の税務評価の基礎となるためです。不明な点がある場合や、情報が正しいかどうかを確認する場合は、税務コンサルタントの専門的サポートを受けることをお勧めします。これにより、企業はすべての税務要件を満たし、潜在的な不備の原因を回避できます。

Stripe の税務および会計ソリューションの詳細をご覧ください。記帳プロセスを最適化し、成功に向けて事業を推進する方法については、営業チームにお問い合わせください

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。