コールド・フュージョンはカシカの決済を最適化し、急成長できるようサポート

カシカは、日本に拠点を置く可視化を専門とするソフトウェア開発会社です。主力サービスのひとつであるカタチスペースでは、一般の消費者が AR (現実を仮想的に拡張する技術) を利用できるようにし、商品購入に関連する買い物客の不安を取り除いています。

一方、札幌に本社を置くゲーム開発およびコンサルティング会社であるコールド・フュージョンは、Stripe と提携して完全にサーバーレスな決済処理を顧客に提供しています。

使用製品

    Checkout
    Payments
アジア太平洋
成長期

課題

カシカは、テレビ放送事業者などが取り扱う膨大なデータを分かりやすく可視化して企業の意思決定を促進・支援する目的で、奥健太郎氏が 5 年前に設立した会社です。カシカの自社サービスのひとつであるカタチスペースは、一般消費者がプロ向けの 3D テクノロジーをもっと簡単に利用できるようにするために作られたものです。例えば、カタチスペースでは、消費者が商品を購入する前にスマートフォンを使って実寸サイズの AR で商品を試し置きすることで、それぞれの生活スペースで購入後の生活を可視化できます。

日本で足掛かりを築いたカシカは、自社事業の、特にカタチスペースサービスの海外展開を視野に入れています。国内の決済処理については、日本で好まれている請求書払いに頼ってきましたが、請求書の処理を国際事業で実行するのはとても難しいことを理解しており、また、グローバルな市場に進出するには、多数の言語と通貨をサポートする必要があることも実感していました。

そのため、柔軟性と拡張性に優れ、海外展開という同社の目標をサポートする決済システムが必要でした。これに加え、小規模なチームであることから、導入しやすくて使いやすい決済プラットフォームを求めていました。

ソリューション

コンサルティング会社のコールド・フュージョンはカシカに Stripe を提案しました。Stripe は導入が容易で、利用料金が安く、多数の言語と通貨をサポートできるからです。 さらにコールド・フュージョンは Stripe のパートナーとして組み込みと導入の過程で必要なサポートを提供することができ、2 週間足らずでカシカがカタチスペースのシステムに Stripe を組み込むことを支援できました。

結果

カタチスペースは、大企業から個人利用者までさまざまなタイプの顧客にサービスを提供していますが、多くの日本人顧客は請求書かクレジットカードによる支払いを好んでいます。Stripe はあらゆる規模と頻度の多数の支払い方法を扱えるので、現在では、顧客がいくつかの支払い方法の中から選ぶことができるようになっています。支払い方法における顧客の希望には Stripe が対応するため、カシカが特段の労力を割く必要はありません。また、Stripe での決済はすべて自動的にカシカの会計システムにリンクするため、カシカのバックエンド処理がシンプルになって合理化されました。

カタチスペースの決済を効率よく Stripe にアウトソースしたので、カシカは新製品や改良品を作ってビジネスを成長させること、顧客のニーズにもっと寄り添うこと、グローバルに展開して新しいユーザーにリーチすること、といった本業に専念することができています。カタチスペースを最適化してより良いサービスにするため、カシカは現在、より統一感のある顧客体験をもたらすブランディングを念頭に置いたカスタマイズや支払い方法の追加など、Stripe のすべての機能を活用しようとしているところです。

他のさまざまな決済サービスを検討しましたが、Stripe が一番手間がかからず、組み込みコストを一番抑えて実装できそうだなと思いました。決済に関しては Stripe にお任せして、我々は (自社の) サービスに集中できることが一番のメリットだと思います。

奥健太郎氏、代表取締役 / 創立者

パートナーについて

独自のゲームエンジン技術と AWS を融合するコールド・フュージョンには、複数のプラットフォームでクリエイティブなオリジナルのタイトルをリリースしてきた実績があります。完全にサーバーレスな決済処理のために Stripe を利用することに重点を置いた開発コンサルティング / サービスも提供しています。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます