スタートアップ向けの 4 タイプのクラウドファンディングとその選択方法

Atlas
Atlas

わずか数クリックで会社を設立し、顧客への請求、チームメンバーの雇用、資金調達に取り掛かれます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. クラウドファンディングとは
  3. スタートアップにとってのクラウドファンディングのメリット
  4. クラウドファンディングのタイプ
    1. 報酬型クラウドファンディング
    2. 株式型クラウドファンディング
    3. 負債型クラウドファンディング
    4. 寄付型クラウドファンディング
  5. 使用するクラウドファンディングタイプの選択方法
  6. クラウドファンディングの代替手段
    1. デットファイナンス
    2. エクイティファイナンス

スタートアップにとって、資金調達は困難ですが必要なことです。現代の起業家には、資金調達手段がいくつもあります。この 10 年の間に普及したクラウドファンディングは、資金調達プロセスを民主化し、従来の資金調達手段では届かなかったであろう資金額を獲得できる手段となっています。2023 年の時点で、クラウドファンディングの世界市場規模は 14 億ドル以上と推定されており、2030 年までにこの数字は倍になると予測されています。2023 年 5 月の時点で、代表的なクラウドファンディングプラットフォームである Kickstarter は、59 万 2 千件以上のプロジェクトをホストしていました。

クラウドファンディングは、汎用性とリーチの広さで群を抜いており、起業家は幅広い支持者から資金を調達できます。クラウドファンディングは、必要な資金を確保するだけでなく、スタートアップが価値ある市場評価を獲得し、初期のサポーターのコミュニティを確立し、潜在顧客、アーリーアダプター、さらには投資家をも引き寄せるエキサイティングなエンゲージメントプラットフォームを構築する役に立ちます。

この記事では、主要なタイプのクラウドファンディングの特性、メリット、およびデメリットについて説明します。これらの多様な形態を理解することは、スタートアップが自社の資金調達戦略にクラウドファンディングが適しているかどうかを判断するための第一歩になります。

この記事の内容

  • クラウドファンディングとは
  • スタートアップにとってのクラウドファンディングのメリット
  • クラウドファンディングのタイプ
    • 報酬型クラウドファンディング
    • 株式型クラウドファンディング
    • 負債型クラウドファンディング
    • 寄付型クラウドファンディング
  • 使用するクラウドファンディングタイプの選択方法
  • クラウドファンディングの代替手段

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは、友人、家族、顧客、個人投資家などの集団的な努力を通じて資本や資金を調達する方法です。この手法は、個人で構成される大きな集団の協力に依存し、ソーシャルメディアやクラウドファンディングプラットフォームを介して主にオンラインで実施され、各個人のネットワークを利用して、より広いリーチと露出を実現します。

クラウドファンディングは、プロジェクトやビジネスとして、少数の選ばれた個人や機関から資金を調達する従来の資金調達方法とは正反対です。代わりに、クラウドファンディングは、誰でもプロジェクトやビジネスに関心を持ち、支援するために進んで資金を提供したいという人たちからの資金調達へ取り組みを広げます。寄付額は、プロジェクトやビジネスの性質、リターンの可能性に応じて、非常に少額なものから非常に高額なものまでさまざまです。

クラウドファンディングを通じて、起業家やプロジェクトの発起人は、インターネットのリーチを活用し、起業、新製品開発、社会的活動の支援、困っている人々の支援など、さまざまな目的のために資金を調達できます。

スタートアップにとってのクラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングは、スタートアップが起業やビジネスの成長に必要な資金を調達するための革新的な方法です。さらに、資金調達のために多くの人を頼ることで、スタートアップは、資金を獲得する以外にもさまざまなメリットを享受できます。

インターネットとソーシャルメディアの登場により、資金調達目標のために少額を寄付してくれる大勢の潜在的投資家や支援者たちにリーチすることがかつてないほど簡単になりました。このアプローチは、投資プロセスを利用しやすくするだけでなく、スタートアップにいくつかの明確なメリットをもたらしてくれます。

主なメリットをいくつか以下に示します。

  • 資金調達
    クラウドファンディングは、銀行やベンチャーキャピタリストなどの従来の資金提供元からは確保できなかったであろう資本をスタートアップが調達できるようにします。

  • 市場の検証
    自分のアイデアを人々に紹介することで、人々の関心を評価し、その製品が実際に人々が欲しがるものかどうかを知ることができます。クラウドファンディングキャンペーンに成功すると、自分の製品やサービスに需要があることを証明できるうえに、他の投資家やステークホルダーに対する概念検証の役割を果たします。

  • 支持者の育成
    クラウドファンディングキャンペーンを行うと、大勢の人々にリーチできるため、認知度を高め、支持者を育成する役に立ちます。キャンペーンに貢献した人々は、最も情熱的な顧客になり、強力な支持者になってくれる可能性があります。

  • フィードバックとインサイト
    クラウドファンディングのプロセスを通じて、正式に発売する前に製品やサービスに対するフィードバックを受け取ることができます。支援者から、貴重な洞察や改善案を得ることができます。

  • リスクの少なさ
    従来の資金調達方法と比べて、クラウドファンディングはリスクを抑えることができます。株式を手放したり負債を背負ったりすることなく、製品やサービスと引き換えに資金を調達できます。

  • 宣伝効果とマーケティング
    クラウドファンディングキャンペーンの成功は、ソーシャルメディアでのシェアや「いいね」、従来型のメディア報道を通して、大きな宣伝効果をもたらす可能性があります。

  • パートナーシップやネットワーク作りの機会
    クラウドファンディングキャンペーンは、業界のリーダーや潜在的なパートナー、さらには他の資金提供元の目に留まることがよくあります。そのような露出が、戦略的パートナーシップやさらなる投資の機会につながる可能性があります。

クラウドファンディングのタイプ

スタートアップは主に 4 つのタイプのクラウドファンディングを選ぶことができ、それぞれに独自のメリットと、サポートに適した特定のユースケースがあります。以下に、スタートアップが知っておくべき概要を説明します。

報酬型クラウドファンディング

報酬型クラウドファンディングでは、支援者は 「報酬」 (通常は企業が提供する製品やサービス) と引き換えに資金を提供します。このモデルは通常、新製品や新サービスの発売を目指すスタートアップや、開発や生産のための資金を必要とするスタートアップによって使用されます。報酬型クラウドファンディングプラットフォームの例としては、Kickstarter や Indiegogo などがあります。

報酬型クラウドファンディングは、特にクリエイティブなプロジェクトや新製品の発売に必要な資金調達に人気のある方法です。以下に、主なメリットとデメリットを説明します。

報酬型クラウドファンディングのメリット:

  • 株式を犠牲にしない: 株式型クラウドファンディングとは異なり、報酬型クラウドファンディングでは会社の所有権を手放す必要がありません。

  • 市場の検証: 報酬型クラウドファンディングでは、製品やサービスに対する市場の関心を評価できます。キャンペーンに成功したら、販売しようとしているものを求める市場があることを示す良い証拠になります。

  • 先行販売とマーケティング: クラウドファンディングキャンペーンは、製品の先行販売としても機能し、宣伝効果や初期の顧客ベースの獲得につながります。

  • コミュニティの構築: クラウドファンディングプラットフォームは、支援者とのコミュニケーションや対話の手段となります。これは、製品やサービスを宣伝してくれる可能性のある支援者のコミュニティを構築するのに役立ちます。

報酬型クラウドファンディングのデメリット:

  • オール・オア・ナッシングの資金調達: 多くのクラウドファンディングプラットフォームはオール・オア・ナッシング方式で運営されており、資金調達目標に到達しなかった場合、金銭をまったく受け取ることができません。この方式ではないものもありますが、この方式は珍しいものではありません。

  • 報酬の提供: 約束した報酬を渡すことが重要です。これには、予想以上の時間とコストがかかる可能性があります。報酬を渡さないと、評判を損なうだけでなく、支援者が返金を求める根拠となってしまいます。

  • 成功するかどうかが予測不能: アイデアが優れていても、キャンペーンが成功するとは限りません。成功するかどうかは、キャンペーンの質、タイミング、運など、多くの要因に左右されます。スタートアップがキャンペーンを立ち上げるために膨大な時間をかけたとしても、失敗に終わる場合があります。さらに、キャンペーンに失敗すると、自分たちのビジネスアイデアには実行可能性がない、市場に強い需要がないという誤った印象を創業者が抱く可能性もあります。

  • 一般公開: アイデアが一般に公開されるので、他の人に真似される可能性があります。公開の必要性と、公開しすぎることのリスクのバランスを取ることが必要です。

  • 手数料: クラウドファンディングプラットフォームでは、通常、調達できた資金の何パーセントかを手数料として請求されます。さらに、それ以外にも処理手数料がかかる場合があります。

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングでは、支援者は投資の見返りとしてその会社の株式を受け取ります。この形態のクラウドファンディングは、会社の将来の利益と引き換えに多額の資金を調達できるため、高い成長が見込まれるスタートアップで最も多く利用されています。株式型クラウドファンディングで人気のあるプラットフォームとしては、SeedInvest や CircleUp があります。

株式型クラウドファンディングのメリット:

  • より多額の資本: 投資家はその会社の将来的な成功に対して投資することになるため、報酬型クラウドファンディングよりも多額の出資を行う可能性があります。このため、スタートアップは多額の資金を調達できます。

  • 投資家との長期的関係: 報酬型クラウドファンディングでは、報酬が提供された時点で関係が終了するのが一般的ですが、株式型クラウドファンディングでは、会社の継続的な成功に既得権益を持つ投資家と長期的な関係を築くことができます。

  • 専門知識やネットワークへのアクセス: 投資家は専門知識や経験、ネットワークを持っていることが多く、初期段階の企業にとって、それらは貴重なリソースとなります。

株式型クラウドファンディングのデメリット:

  • 所有権の喪失: 会社の株式を提供するということは、所有権の一部を手放すことであり、経営権や意思決定を共有することを意味する場合もあります。

  • 規制の複雑さ: 株式型クラウドファンディングは、他の形態のクラウドファンディングよりも複雑な法律や規制の対象となります。そのため、法律顧問が必要になったり、多額の法的コストがかかったりする可能性があります。

  • 報告義務の増加: 株主が多い企業は、多くの場合、投資家に対して最新情報や財務報告書を定期的に提供する必要があります。そのために、多くの時間や追加の管理リソースが必要になる可能性があります。

  • リターンに対するプレッシャー: 支援者が製品やサービスを受け取ることで満足する報酬型クラウドファンディングとは異なり、株式投資家は、投資に対する金銭的なリターンを求めます。その結果、業績を上げてリターンを提供しなければならないという企業へのプレッシャーが増大する場合があります。

  • 希薄化の可能性: 将来、企業がさらに株式による資金調達を行うと、初期の投資家 (クラウドファンディングの投資家を含む) の持ち株比率が減る可能性があります。適切に対応しないと、投資家の不満につながる場合があります。

負債型クラウドファンディング

負債型クラウドファンディングは、「ピアツーピアレンディング」や「P2P レンディング」とも呼ばれるもので、従来の融資に似ています。ただし、銀行から融資を受ける代わりに、大勢の投資家から融資を受けます。スタートアップは、指定された期間にわたって利息を付けて融資を返済することに同意します。負債型クラウドファンディングのプラットフォームとしては、LendingClub や Prosper が有名です。

負債型クラウドファンディングのメリット:

  • 所有権の保持: 株式型クラウドファンディングとは異なり、負債型クラウドファンディングでは会社の所有権を手放す必要がありません。融資を返済すれば、投資家に対する義務は終了します。

  • より迅速なプロセス: 負債型クラウドファンディングで融資を確保するプロセスのほうが、銀行から融資を受ける従来の方法よりも速い場合があります。資格要件も、従来型の融資ほど厳しくないことがあります。

  • 固定の返済スケジュール: 返済スケジュールが固定されているので、予測不能な性質を持つ株式投資よりも、計画が立てやすくなります。

  • コスト削減の可能性: 保証する金利や融資期間にもよりますが、負債型クラウドファンディングでは、株式型クラウドファンディングや他のタイプの融資よりも安価に資金を調達できることがあります。

負債型クラウドファンディングのデメリット:

  • 返済義務: 他のクラウドファンディング形態とは異なり、負債型クラウドファンディングで調達した資金は利息をつけて返済する必要があります。これは、ビジネスの運営状況に関係なく計画しておかなければならない固定費です。

  • 金利コスト: 融資を受けるコストには、借り入れる元本金額だけでなく、融資期間中に支払う利息も含まれます。

  • クレジットスコアへのリスク: 融資を返済できない場合、会社のクレジットスコアが影響を受け、それによって将来の資金調達能力にも影響が及ぶ可能性があります。

  • 担保付き融資のリスク: 一部の負債型クラウドファンディングでは、担保や個人保証を要求されます。融資を返済しないと、担保にした資産を失うリスクがあります。

寄付型クラウドファンディング

このモデルは、非営利団体、社会起業家、スタートアップによく使われるもので、「投資に対するリターン」は金銭的なものではなく、社会的利益や何らかの地域貢献になります。支援者は、金銭的な見返りを期待してではなく、理念を信じてプロジェクトに寄付します。寄付型クラウドファンディングのプラットフォームとしては、GoFundMe が有名です。

寄付型クラウドファンディングのメリット:

  • 返済や株式交換が不要: 支援者はプロジェクトや理念に資金を寄付するので、融資の返済や会社の株式を手放す必要がありません。

  • 社会的活動の支援: 寄付型クラウドファンディングは、社会的、慈善的、または地域社会に焦点を当てたプロジェクトや活動に特に効果的です。人々は多くの場合、自分が関心を寄せる社会活動を支援するために喜んで寄付をします。

  • コミュニティエンゲージメント: この形態のクラウドファンディングは、プロジェクトや社会活動に共感してくれる支援者のコミュニティを構築する良い方法です。

寄付型クラウドファンディングのデメリット:

  • アピールに限界がある: 寄付型キャンペーンは、プロジェクトや理念の感情的なアピールに依存することが多く、より多くの支持者にアピールする力に限界がある場合があります。このようなキャンペーンは、営利目的のプロジェクトでは成功しにくい可能性があります。

  • 資金調達が保証されない: 他の形態のクラウドファンディングと同様に、目標金額を達成できる保証はありません。一部のプラットフォームでは、目標額に達しないと、資金をまったく受け取ることができません。

  • 一般公開: 他の形態のクラウドファンディングと同様に、アイデアが公開されるので、他の人に真似される可能性があります。

  • プラットフォーム手数料: 調達した資金を返済する必要はありませんが、ほとんどのプラットフォームは調達金額に応じて手数料を徴収します。

使用するクラウドファンディングタイプの選択方法

スタートアップに適したクラウドファンディングのタイプを選択するには、主に、ビジネスの性質、目標、各クラウドファンディング方法の要求を満たす能力を考慮する必要があります。決定する際に考慮すべき要素の一部を以下に示します。

  • ビジネスやプロジェクトの性質
    新しい製品やサービスの発売を目指している場合は、報酬型クラウドファンディングが最適かもしれません。社会的または地域指向の強い使命があるビジネスでは、寄付型クラウドファンディングが適切な選択になる場合があります。ある程度の影響力を既に持っているビジネスを拡張しようとしていて、株式を手放しても構わないのであれば、株式型クラウドファンディングが最適な選択肢になる可能性があります。融資を返済できる自信があり、会社の完全な所有権を維持したいのであれば、負債型クラウドファンディングが最適な方法かもしれません。

  • 資金のニーズと目的
    クラウドファンディングの方法によって、獲得できる資本の額が異なります。多額の資金が必要な場合は、株式型または負債型のクラウドファンディングが適している可能性があります。少額の資金が必要な場合は、報酬型クラウドファンディングや寄付型クラウドファンディングで十分かもしれません。

  • 市場の検証
    製品を市場でテストする必要がある場合は、報酬型クラウドファンディングを利用することで、顧客から貴重なフィードバックや検証を得られる可能性があります。

  • 所有権と経営権
    スタートアップの完全な経営権と所有権を維持することが重要である場合は、報酬型クラウドファンディング、寄付型クラウドファンディング、負債型クラウドファンディングのほうが、株式型クラウドファンディングよりも適している可能性があります。

  • 義務の履行能力
    報酬型クラウドファンディングの報酬を期限内に用意して提供することはできますか。負債型クラウドファンディングの融資を返済できる自信はありますか。株式型クラウドファンディングで大勢の株主を管理できますか。

  • 法律と規制に関する考慮事項
    株式型や負債型のクラウドファンディングでは、報酬型や寄付型のクラウドファンディングよりも複雑な法的要件や規制要件が関係する場合があります。そうした要件を確実に理解する必要があります。

クラウドファンディングの代替手段

スタートアップには、クラウドファンディングの代替手段となるものがいくつかあります。それらは、デットファイナンスとエクイティファイナンスの 2 つに大別できます。

デットファイナンス

  • 銀行融資: 従来型の銀行融資は、スタートアップが資金を調達するための一般的な方法です。通常、しっかりとした事業計画と担保が必要になります。
  • 信用枠: 銀行や信用組合は、企業が柔軟に資金を確保できる信用枠も提供しています。
  • 小口融資: 非営利団体やオンライン融資業者が提供する小口融資は、従来の銀行融資よりも融資を受けやすいことが多く、特にクレジット履歴が少ない企業向けです。

エクイティファイナンス

  • エンジェル投資家: エンジェル投資家とは、株式保有率と引き換えにスタートアップに個人的資金を投資する富裕層の個人を指します。こうした投資家は、専門知識や業界とのコネクションを提供してくれる場合もあります。
  • ベンチャーキャピタリスト (VC): VC とは、高い成長が見込めると信じたスタートアップや初期段階の企業に投資を行う会社です。VC は、通常、見返りとして株式保有率を要求します。会社に対する一定の経営権を求める場合もあります。
  • プライベートエクイティ会社: この種の会社は、企業の価値を高めてから売却して利益を上げることを目的として、成熟した企業に投資します。こうした会社は、膨大な量の株式または完全な所有権を要求します。

デットファイナンスとエクイティファイナンス以外にも、スタートアップが事業資金を調達する一般的な方法があります。

  • 助成金
    政府機関、財団、企業からの助成金は、返済不要の無償資金です。助成金は、素晴らしい資金源となり得ますが、競争率が高いことが多く、一定の条件を満たすことが求められる場合もあります。

  • 自己資金調達
    起業家の多くは、まず自分のポケットマネーから事業資金を調達します。これには、貯蓄、クレジットカード、ホームエクイティローンなどが含まれます。

  • 友人と家族
    起業家が、友人や家族に資金援助を求めることもよくあります。事業を始める良い方法になることもありますが、誤解や緊張した関係になることを避けるために、ビジネス取引として扱うことが重要です。

  • ビジネスアクセラレーターとインキュベーター
    これらのプログラムは、資金、メンターシップ、リソースをスタートアップに提供するもので、通常は、低い株式保有率と引き換えに行われます。

  • 戦略的パートナーシップ
    スタートアップの中には、大企業と戦略的パートナーシップを結ぶものもあります。大企業が、革新的なテクノロジーの利用や新規市場への参入など、価値あるものへの見返りとして資金やリソースを提供します。

クラウドファンディングは、スタートアップの資金を調達する多くの方法の 1 つに過ぎず、1 つの資金調達方法だけに完全に依存するスタートアップはほとんどありません。それぞれの方法のメリットとデメリットを理解し、自社のビジネスモデル、資金ニーズ、長期的な目標に最も合うものを選ぶことが重要です。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。