ANA グループ、次世代マイレージプログラムの構築に向け Stripe を採用

全日本空輸 (ANA) は、日本を代表する航空会社です。 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を強く受けた ANA は、顧客の日常生活をより豊かにし、飛行機の利用や旅行以外の行動でも顧客とつながりたいと考えていました。その実現のため、パートナー企業と ANA グループの顧客をデジタルデータポイントでつなぐ強力なプラットフォームを開発しました。こうして、ANA グループは Stripe を採用し、モバイルベースの会員サービス ANA Pocket を構築しました。ANA Pocket を利用するユーザーは、日常の移動距離に基づいてポイントやマイルを獲得し、それらを ANA の航空券やトラベルグッズと引き換えることができます。

使用製品

    Payments
    Billing
    Connect
アジア太平洋
エンタープライズ

課題

航空会社にとって、マイレージプログラムは財務上重要なヘッジ戦略です。マイレージプログラムは、ビジネストラベルの周期性を、一般に安定度が比較的高いレジャートラベルを補助することで相殺することができます。また、航空会社の優良顧客のロイヤルティを高めることにも寄与します。新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、日本の国内外における航空需要が大きく落ち込んだことを受け、このような安定性の必要性がよりはっきりと認識される事態となりました。

ANA は新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を強く受け、すぐにロイヤルティに対するオファリングを変更しました。特に、顧客の日常生活をより豊かにし、飛行機の利用や旅行といった行動以外での顧客との関わりを実現することを目指しました。その達成のために、パートナー企業と ANA グループの顧客をデジタルタッチポイントでつなぐ強力なプラットフォームを新たに開発しました。 ANA Pocket はこうして生まれました。このモバイルベースの会員サービスでは、徒歩や自転車、タクシーや電車などによる日常の移動距離に応じてポイントやマイルが貯まり、ANA の航空券やトラベルグッズと引き換えることができます。

ソリューション

ANA グループは以前から、先進的なクラウドファンディングプラットフォーム WonderFLY での決済に Stripe Connect を利用していました。この経験から、ポイントマイレージアプリ ANA Pocket を構築するにあたっても、再び Stripe を採用し、「マイルで生活ができる世界」の実現を目指すことにしました。

ANA Pocket を企画する中で、ANA グループは、求めているのは会員向けのプレミアムなサービスの創出であり、そのようなサービスに対応できる決済プラットフォームが必要となることが分かっていました。これを踏まえて Stripe Billing を採用し、サブスクリプション決済を簡単に導入し管理できるようにしました。

ANA X 株式会社 事業開発部の廣岡理奈氏は次のように述べています。「ANA Pocket のご利用が、日頃から当社をご愛顧いただいている大切な顧客にとってプレミアムな体験となるためには、細やかな配慮が大切です。毎月のサブスクリプションのお支払いをストレスなく、安全に、安心して行っていただけるようにするといったシンプルなことが、当社がお客様をいかに大切にしているかを知っていただくのに大いに役立ちます。Stripe と協力して、お客様のために可能な限り最善の方法でサービスを継続的に向上させられることを、楽しみにしています」

結果

ANA グループは、初月無料キャンペーンのほか、さまざまなマーケティングチャネルからの働きかけを通して、サブスクリプションサービスを推進しました。ANA グループは Stripe のダッシュボードを利用することで、課金エラーへの対応や不正防止の強化を実現する運用フローを短時間で構築でき、その結果、ヘビーユーザーの顧客が期待するシームレスな機能を提供できるようになりました。

毎月のサブスクリプションのお支払いをストレスなく、安全に、安心して行っていただけるようにするといったシンプルなことが、当社がお客様をいかに大切にしているかを知っていただくのに大いに役立ちます。Stripe と協力して、お客様のために可能な限り最善の方法でサービスを継続的に向上させられることを、楽しみにしています。

廣岡理奈氏、事業開発部

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます