Targeted Victory: Stripe Connect を使用して全米でのキャンペーン寄付を促進

Targeted Victory は、政治、企業、広報業務のキャンペーンを専門とする、フルサービスのデジタル戦略およびマーケティングプラットフォームです。スピードとデジタルの専門知識を活用して適切な資金提供者に迅速につながり、クライアントに最適な結果をもたらします。Stripe は Targeted Victory が決済処理、キャンペーン寄付、会計を合理化し、クライアントに最良のテクノロジーを提供できるよう支援しています。

使用製品

    Payments
    Connect
北米
スタートアップ

課題

Targeted Victory は、常に進化し続ける政治キャンペーンのスピードに対応できる決済代行業者を求めていました。未払い金を手動で処理し、小切手の送付や銀行送金を行うといった時間のかかる処理をなくしたいと考えていたのです。

解決策

Braintree から Stripe に移行した現在では、Targeted Victory は Stripe Connect を使用して自動的に、より効率的にクライアントやパートナーに資金を分配できるようになりました。ほぼリアルタイムで支払いを行い、到着と同時に資金をクライアントに送金できます。Stripe Connect を使用すると、取引の時点でプログラムで資金を送金できるため、寄付金は自動的に適切な場所、つまり候補者のキャンペーン口座に届けられます。

たとえば、Stripe を使用することにより、Targeted Victory は 1 つの取引の資金を複数の業者やクライアントに送金できるようになりました。キャンペーンの業者に対して自動的に支払いを行うことが可能になったのです。以前は、業者は支払いを受けるために手動で請求書を送る必要がありましたが、今ではこのような支払いが自動化され、キャンペーンと業者は同時に支払いを受けることができます。これにより、Targeted Victory、キャンペーン、パートナー業者の手動での会計処理が減ります。

結果

Stripe Connect を使用することにより、Targeted Victory は迅速正確に、自動的に支払いを実行できるようになり、Stripe を使用し始めた最初の 1 カ月に会計処理に費やす時間を 50% 削減できました。

さらに構築済みの UI コンポーネントである Stripe Elements を実装し、カスタムの安全な、規制に準拠したフォームの作成に役立てています。Elements により、Targeted Victory は PCI 準拠のための手動監査にかけていた手間と時間を、事前入力されたフォームの自動生成によって劇的に減らすことができただけでなく、Targeted Victory のチャージバック率を半分に減らすこともできました。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます