付加価値再販業者 (VAR) シート: その概要とビジネスで必要とされる理由

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. 付加価値再販業者 (VAR) シートの概要
  3. VAR シートに含まれている情報
  4. ビジネスでの VAR シートの必要性
  5. VAR シートの取得方法

購入者から容易に決済を受け付けられることは、どのビジネスにとっても不可欠です。あらゆるビジネスで、決済システムのさまざまなコンポーネントが完全に導入されていて、購入者による支払いを処理するために通信を行えることを確認する必要があります。

ビジネスで別個の加盟店アカウントとペイメントゲートウェイを使用している場合、付加価値再販業者 (VAR) シートを用意することは、機能的な決済システムを導入するうえで不可欠です。

ここでは、VAR シートやそこに含まれる情報のほか、その取得方法について知っておくべきことを紹介します。

この記事の内容

  • 付加価値再販業者 (VAR) シートの概要
  • VAR シートに含まれている情報
  • ビジネスでの VAR シートの必要性
  • VAR シートの取得方法

付加価値再販業者 (VAR) シートの概要

VAR シートは、ビジネスに関する重要な情報を含んでいるファイルであり、決済処理に使用されます。また、ビジネスのペイメントゲートウェイと加盟店アカウント間の通信をサポートするために役立ちます。VAR シートは、ティアシートやパラメーターシートと呼ばれることもあります。

VARシートは、自社のビジネスに関する基本情報を、ペイメントゲートウェイプロバイダが決済の観点から迅速に把握できるようにするためのものです。VAR シートに情報を入力する場所や方法は、ビジネスの運営形態によって異なります。通常、対面で運営されている小売業者では、VAR シートを物理的な POS 端末に直接入力することができます。その一方で、EC ストアのビジネスでは、ペイメントゲートウェイプロバイダーに VAR シートをオンラインで送信します。

VAR シートに含まれている情報

一般的に、ビジネスの VAR シートには以下が含まれています。

  • 加盟店識別番号 (MID)
  • 加盟店アカウントの情報
  • ビジネスの詳細
  • 決済代行業者の情報
  • 業種コードまたは加盟店カテゴリーコード (MCC)

複数の異なるビジネスを所有していて、ご利用の決済システムで VAR シートを用意することが求められている場合は、それぞれのビジネスに個別の VAR シートが必要になります。たとえば、コーヒーショップを所有していて、オンラインで手作りの陶磁器も販売している場合 (そして、これらが独自の MID と加盟店アカウントを持つ別々のビジネスの場合)、それぞれに対して VAR シートを作成する必要があります。

ビジネスでの VAR シートの必要性

これは場合によって異なります。加盟店アカウントをお持ちで、サードパーティーのペイメントゲートウェイをご利用の場合は、両者を連携させて、決済処理のために相互に通信できるようにする際に、VAR シートが必要になるでしょう。VAR シートには、ペイメントゲートウェイでビジネスと連携し、加盟店アカウントと連絡を取るために必要な必須の情報が含まれています。

ただし、ペイメントゲートウェイと加盟店アカウントの両方を組み合わせた機能を提供するオールインワンの決済ソリューション (Stripe など) をビジネスで利用している場合、VAR シートは不要です。

VAR シートの取得方法

ペイメントゲートウェイが異なれば、VAR シートに含めるべき情報の要件も異なります。VAR シートの作成には延々と時間がかかると思われがちですが、そうではありません。というのも、VAR シートに含まれる情報は、すぐに用意できる基本的なものだからです。しかし、わずかなエラーも決済処理を中断させてしまう恐れがあるため、正確で間違いのない情報を含めることが重要です。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。