Universe: Stripe Terminal を利用してオフラインとオンラインで顧客体験を提供

Universe はグローバルなチケット発行プラットフォームであり、利用者はここで世界中のイベントを見つけたり企画したりすることができます。159 カ国で事業を展開しており、イベント企画者、ブランド、地域の観光名所を対象に、最高のイベントを簡単にカスタマイズして管理できるツールを提供しています。また、思い出に残るイベントを簡単に見つけられる発見ツールも提供しています。

使用製品

    Payments
    Terminal
北米
成長期

課題

これまで Universe はイベント関連のオンラインチケット販売業務に焦点を当ててきましたが、顧客のイベント体験をサポートする対面ツールにも力を入れるようになりました。現在では、イベント主催者が当日券の販売でカード支払いを受け付けられるようになり、会場入り口でチケットのアップグレードやアドオン、グッズの販売も可能になりました。

Universe は対面のカード支払いに伴うコンプライアンスの負荷を負うことに慎重で、コンプライアンスの複雑さを解消してくれるパートナーを必要としていました。「対面のカード支払いを始めるというのは当社にとって新たなレベルのことで、労力と投資の面で懸念がありました」と Universe の最高テクノロジー責任者である Joshua Kelly 氏は話します。

ソリューション

Universe が Stripe と提携したのは、イベント主催者が同社のプラットフォームで楽に対面支払いを受け付けられるようにするためです。物理的なイベントスペースを所有していない主催者もいるため、複雑なインフラストラクチャは導入できません。Universe はモバイルデバイスとインターフェースを提供することで、現地での販売をシームレスにセットアップできるようにしたいと考えていました。そのためには、顧客向けにシンプルなサービスを提供する方法を理解しているパートナーが必要でした。そこで選択したのが、既存の組み込みの延長線上にある、シンプルな Stripe Terminal です。

「インフラストラクチャをシンプルにするために、新しい別の POS システムや端末の導入を避ける必要がありました。当社が効率化してビジネスを大規模に成長させるためには、連携する決済ベンダーを厳選する必要がありました」と Kelly 氏は語ります。

結果

Stripe の Web およびモバイル SDK を使用することにより、Universe は既存の Stripe の組み込みを簡単に素早く拡張して対面支払いに対応することができました。開発者向けの Stripe のツールを使用して、初期開発からデモ、本番稼動までわずか 1 カ月で完了しました。

Stripe から PCI 準拠のソフトウェアを搭載した認定済みの EMV カードリーダーと Stripe のセキュリティキーを提供してもらい、取引データのエンドツーエンド暗号化を実現しました。Kelly 氏によると、この効果はかなりのものでした。「Stripe のおかげで、非対面カード支払いだけでなく、対面カード支払いへのコンプライアンスも簡単になり、他の方法では不可能だった場所にもビジネスを拡大できるようになりました」

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます