Stripe Billing と Payments の使用により、eero は記録的な短期間で新商品をリリース

eero の使命のひとつは、ホームテクノロジーの基盤である WiFi を整備することです。eero は、すべての利用者が自宅において、すべてのデバイスで、信頼性の高い、安全なインターネットを利用するためのハードウェアとソフトウェアを開発しています。企業の成長に伴い、Stripe を利用することで eero のエンジニアリングチームと会計チームは、請求と支払いの処理について心配することなく、会社の主軸となるビジネスに注力できるようになります。

使用製品

    Billing
    Payments
北米

課題

有料定期支払いサービス「eero Plus」のリリースに伴うソフトウェア市場への参入のため、eero は継続支払いに対応するように支払いモデルを再構築する必要がありました。eero のチームは社内で機能を構築することを検討しましたが、設計には数カ月、また、構築にも膨大な時間を要するため、eero Plus のリリースが遅れる可能性があることがすぐに判明しました。

ソリューション

チームは、サードパーティの決済プラットフォームを評価することに決めました。評価基準はシンプルです。eero が必要としていたのは、迅速かつ簡単に導入でき、新製品リリースのタイトなスケジュールに適合したソリューションでした。そこで eero が自社のビジネス拡大を支援するための柔軟性、拡張性、使いやすさを考慮して選んだのが Stripe の Billing と Payments です。Stripe を選択したことで、eero のエンジニアリングチームは、請求と支払いに関する課題の解決ではなく、商品の開発に注力できたため、予定どおり商品をリリースすることができました。

Stripe は、すぐに使用できるサードパーティの拡張プログラムを多数備えているため、eero の既存の E-コマース、会計、CRM ワークフローに容易に適合しました。また、eero のビジネスチームに、すべての顧客と財務を網羅した完全統合型ソリューションを提供してくれました。eero は NetSuite が事前構築された Stripe の組み込みを利用することを決めました。この機能によって自動的に Stripe のデータが NetSuite の会計帳簿と同期され、現金照合や収益認識が行われます。収益認識では、Stripe の Billing データが、インボイスのラインアイテムレベルで NetSuite の収益管理モジュールに取り込まれます。これによって月末の収益認識作業が自動化され、会計チームはスプレッドシートを使って支払いデータを繰り延べする必要がなくなりました。

結果

エンジニアリングチームは、すぐに Billing と Payments の利用を開始し、円滑に eero Plus をリリースできました。eero Plus のリリース前に請求と支払いの課題を解決したことで、eero は開発のための時間と人員を節約し、結果として顧客ロイヤリティの増加と顧客の維持にもつながりました。eero の Business Operations 責任者である Mark Sieglock 氏は次のように語っています。「弊社は Stripe Billing を利用して、定期支払い商品である eero Plus を予定どおりにリリースできました。請求機能はすべて組み込まれています。」

さらに、NetSuite に Stripe を組み込んだことで、eero の会計チームは手動で行っていた多くのタスクを自動化し、月末の決算処理に要していた時間の 50% を節約できるようになりました。プロセスの自動化と単一のソリューションの導入により、eero の会計チームは帳簿の照合に費やしていた多くの時間を節約でき、スプレッドシートを使って支払いデータを繰り延べする必要がなくなりました。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます