フランスのフリーランサーが 2042-C-PRO フォームについて知っておくべきこと

Atlas
Atlas

わずか数クリックで会社を設立し、顧客への請求、チームメンバーの雇用、資金調達に取り掛かれます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 2042-C-PRO フォームとは何か
  3. 2042-C-PRO フォームの提出義務者について
  4. 2042-C-PRO フォームを提出するタイミング
  5. 2042-C-PRO フォームの記入について
  6. 個人事業主の 2042-C-PRO フォームの記入について
  7. 誤りがあった場合

自営業の収入があるフランスの居住者は、毎年収入を税務署に申告しなければなりません。これは、フランスで収入を得ている、またはフランスに (課税対象となる) 家族を有する、海外在住のフリーランサーにも適用されます。この収益はどのように申告すればよいのでしょうか?自営業者としてどの書類に記入する必要がありますか?この記事では、2042-C-PRO フォームについて知っておくべきこと、入手方法、その概要、正しい記入方法について説明します。

この記事の内容

  • 2042-C-PRO フォームとは何か
  • 2042-C-PRO フォームの提出義務者について
  • 2042-C-PRO フォームを提出するタイミング
  • 2042-C-PRO フォームの記入について
  • 個人事業主の 2042-C-PRO フォームの記入について
  • 誤りがあった場合

2042-C-PRO フォームとは何か

2042-C-PRO フォームは、自営業者の税務申告の添付書類であり、この「c」は「complémentaire」(「補足の」) を意味します。このフォームは、税務申告書 (つまり、2042 フォーム) と合わせて提出しなければなりません。これらのリンクから、2022 年度の申告用書類を確認できます (2023 年度のものは未提供)。

2042-C-PRO フォームの提出義務者について

自由職の業務に従事する者、または農業所得 (BA)、産業および商業所得 (BIC)、非営業所得 (BNC) の体系に該当する者は、税務申告と共に C-PRO の添付書類を提出しなければなりません。専門的活動の従事者がフリーランサー (つまり、零細企業または自営業者) として収入を申告する場合にも同じことが当てはまります。

注意: 家具付き賃貸物件の専業および非専業のオーナー (それぞれ LMP および LMNP) は、BIC の体系に従い納税します。

2042-C-PRO フォームを提出するタイミング

2042-C-PRO フォームは、2042 フォームと共に、毎年 5 月に記入して提出しなければなりません。所得税の税務申告を完了するには、前年の収入に関する情報を使用する必要があります。事業の所在地に応じて、申告期限があることに注意してください。一般的な期限は、毎年の 5 月末と 6 月初旬の間です。

また、税務申告に遅延があると税額に加算が発生します。正式な通知が未発行の場合でも、税額に 10% の加算が発生し、正式な通知が出されてから 30 日以内に申告する場合は 20% の加算が生じます。そして 30 日を過ぎると 40% の加算となります。ご注意ください。また遅延があった各月について、未払い税額の 0.20% に相当する利息が課されます。

2042-C-PRO フォームの記入について

インターネット接続がある場合は、Direction générale des Finances publiques website の非公開エリアから、オンラインで 2042-C-PRO フォームに記入する必要があります。いくつかの項目は、他の税務申告を行う際に提供した情報により、すでに入力済みになっています。情報 (家族状況、個人情報、本籍地などの変更) が更新されていることを確認し、2042-C-PRO フォームの対象となる所得の種類 (BA、BIC、BNC) と金額を記入します。電子署名して提出する前に、必ず申告書全体を確認してください。

インターネット接続がない場合は、税務署で紙形式の書類を入手する必要があります。

注意: 税務署は、税務申告書の記入に役立つガイドを提供しています。2022 年版のフォームはリンク先で確認できます (2023 年版のフォームはまだ公開されていません)。

個人事業主の 2042-C-PRO フォームの記入について

フリーランサーと同様、個人事業主も 5 月に 2042-C-PRO フォームを完成させなければなりません。これには 2 つのケースが考えられます。

  • 売上処理で所得税を支払うことを選択した場合の申告 月次または四半期ごとに申告済みであるため、納付済みになります。この場合、税抜きの年次売上を記入し、「versement libératoire」(「売上処理での所得税支払い」) にチェックを入れ、事業内容を記入する必要があります。
  • 売上処理で所得税を支払うことを選択していない場合の申告: この場合、 2042-C-PRO フォームに記入する際に税務申告を行います。税金および控除額を除いた年次売上を記入する必要があります。控除額は、事業の種類に応じて税務署によって計算されます。フリーランスの場合は売上の 34%、加盟店サービスの場合は売上の 50%、物品販売の場合は売上の 71% となります。

いずれの場合も、電子署名を添えて提出する前に申告書の内容を確認することが重要です。

誤りがあった場合

2042-C-PRO フォームに誤った情報を入力した場合はウェブサイトの非公開エリア (「espace particulier des impôts」) にアクセスし、オンラインで修正することができます。2042-C-PRO の修正には、数カ月の猶予が与えられています。

ミスを避けるために、Stripe Tax のような自動化された機能を利用することもできます。このソリューションでは、年間の取引と収益の詳細なレポートが提供されます。コーディングは不要です。Stripe によりどのように税務手続きを簡素化できるかについては、Stripe の担当者までお問い合わせください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。