Rungis と Califrais: Stripe Connect を使用して、10 日で堅固な D2C (Direct-to-Consumer) プラットフォームを実現

Rungis は世界最大の卸売食料市場であり、レストランにとっては欠かせないプロバイダです。Califrais はデジタルプラットフォームを提供し、レストランはこのプラットフォームで Rungis のサプライヤから供給される食品を注文できます。これにより、Rungis のサプライチェーンは最新化され、レストランは新鮮で質の高い環境に配慮した商品を、これまでよりも簡単に直接入手できるようになりました。

使用製品

    Connect
ヨーロッパ
エンタープライズ

課題

Califrais を立ち上げたときには、フランスの 207,000 件のレストラン、カフェ、ケータリング業者が、Rungis のサプライヤから食材を選択して即座に注文できました。しかし、COVID-19 の発生により、需要は止まりました。「一夜にしてレストランが閉店し、注文がなくなりました」と、Califrais の CEO、Pierre Levy 氏は語ります。一方、外出できなくなった消費者は、自宅で食べるための新鮮な食材を注文する方法を探していました。それに応えるために、Rungis と Califrais には、エンドユーザーが B2C (Business-to-Consumer) モデルに適した決済方法を使用して Rungis が供給する商品を購入できるプラットフォームを構築するために、緊急にサポートしてくれるパートナーが必要でした。

ソリューション

Califrais は Foodufrais と呼ばれるプラットフォームを構築し、Stripe Connect を使用して、最終消費者に直観的な購入体験を提供しています。さらに、Stripe を利用することで、Califrais は最終消費者 (レストランではなく) に適した決済方法を提供できるようになりました。クレジットカードのように消費者が慣れ親しみ、信頼できる決済方法を提供することが、高いコンバージョン率を実現するために重要です。

結果

Stripe Connect のおかげで、Califrais は短期間で環境を整備することができました。買い物客はほんの数クリックで果物や野菜を注文できるようになっただけでなく、Foodufrais 全体のデプロイメントはわずか 10 日で完了しました。Califrais の CTO、Simon Bussy 氏によると、プロジェクトを立ち上げて稼働させるには、組み込みの速度が極めて重要でした。Foodufrais は、パリ市内で 1 日あたり約 1,200 件の配達をしています。サービス開始から 1 カ月後、平均バスケットサイズは 110 ユーロに増え、顧客の約 40% が定期的にプラットフォームに戻り、Rungis のサプライヤから新鮮な食料品を購入しています。

大規模化への準備

Rungis の人気でわかったことは、新たなプラットフォームは立ち上げ後すぐに規模を拡大しなければならないということです。Califrais は、オンラインプラットフォームに一度に接続される最大 80,000 人のビジターに対応できる、堅固な技術的スタックを構築する必要がありました。「信頼性は当社にとって非常に重要でした。Stripe のおかげで、決済は 100% 確実に行われています」と、Bussy 氏は語ります。

ビジネスモデルとシームレスなサービスの融合

通常レストラン向けに提供しているサービスを、パンデミック時に個人が利用できるようにするのは簡単ではありませんでしたが、Foodufrais と Rungis の成功が励みになりました。Califrais は、ブリュッセルでの新しいセンターの立ち上げなど、事業拡大を計画しています。また、フランス全土の地域市場に参入し、ビジネスモデルを拡大して、パリの大都市圏以外の幅広いターゲット層にサービスを提供することも計画しています。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます