拒否率の低い Stripe で売上アップ

業界インフラに直接組み込むことが可能で、カード発行会社レベルのインサイトを提供し、あらゆる支払いを最適化して支払い拒否を軽減するパワフルな機械学習機能を備えたプラットフォームを使用して、売上を伸ばし、ネットワークの受け入れ率を高めましょう。

パフォーマンス主導のインフラストラクチャー

Stripe をカードネットワークへ直接組み込むことにより、遅延が削減され、信頼性が向上し、最新機能の利用やデータフィールドの改善(生のレスポンスコードなど)が可能となり、支払いを最適化することができます。

収益の伸長、組み込み済み

決済時のトラブルを回避し、ビジネスを不正使用から保護し、支払い拒否を最小限に抑えられるように設計されたツールで総収入を最大化します。Stripe の受け入れツールなら、お客様のビジネスを自動的に適応させて、さらにコンバージョンを高めることができます。

機械学習を機能させる

レガシーの決済システムは旧式のインフラストラクチャーに依存している場合があります。Stripe の最新のアクワイアリングプラットフォームは、数十億のデータポイントから学習し、各取引のメッセージングとルーティングを最適化するように構築されています。

簡単な導入

Stripe のソリューションは、組み込み作業なしですぐに使用できるため、導入初日からパフォーマンスが向上し、拒否率を減らすことが可能です。

最適化されたアクワイアリング

インテリジェントアクワイアリングによる受け入れ率の向上

Stripe は、直接ネットワークに組み込むことができ、業界内のパートナーシップを生かして、発行元レベルのパワフルなインサイトを提供し、最新のネットワーク機能の利用を可能にします。Stripe の統一された API を組み込むと、次の機能が提供されます。

  • 発行元に最適化された、機械学習駆動型のオーソリ
  • カードの詳細を確認するための動的な検証
  • 自動カード更新機能によるリアルタイムの一括処理
  • アメリカン・エキスプレスのオーソリの強化
  • トークン化サービス
  • 最適化された認証情報の保管

インテリジェントな回収

機械学習により拒否された支払いを回収

Stripe の事前処理レイヤーは、最適化されたネットワークメッセージングと、同期したカード更新機能を使用して、支払い拒否を未然に防ぎます。支払いが拒否された場合は、Stripe の Adaptive Acceptance が機械学習機能を使用して、最適なリトライのメッセージと経路の組み合わせを特定し、すべてのカード支払いの失敗した請求を回収します。また定期的な請求の場合は、Stripe Billing で、後日請求をリトライするスマート督促機能を使用し、支払い拒否を最大 45% 削減できます。

Stripe の機械学習モデルは、失敗した支払いの再試行に最適な方法を選択します

今すぐ始めましょう

アカウントを作成するか、お問い合わせください。

継続支払い

Stripe のリカバリツールを使用して、1 回限りの請求や継続請求を行い、サブスクリプションを管理し、支払い拒否を減らします。

プラットフォームでの支払い

Stripe のリカバリーツールを使用して、1 回限りの請求や継続請求を行い、サブスクリプションを管理し、支払い拒否を減らします。