Apple Pay モバイルアプリでもウェブサイトでもワンタッチで支払い

Apple Pay によるスムーズなカード決済には、Stripe を使うのが一番簡単です。カードや配送に関する情報を手入力する必要はもうありません。顧客は Touch ID で支払いを承認するだけです。

ためしてみる

テストデータを使って Apple Pay 決済をお試しいただけます。
お試しになるには、 Apple Pay の設定と Safari (iOS 10 または macOS Sierra 以降) が必要です。

ウェブ版 Apple Pay

モバイルとデスクトップのウェブサイトに Apple Pay をシームレスに統合

ウェブ上のどこからでも指紋認証で精算可能に。登録済みの決済情報や配送先住所、連絡先情報などを受け取り、商品の支払いや定期支払いを作成できます。

Stripe のシンプルな組み込みにより、わずか数ステップで簡単に Web 版 Apple Pay をサポートできます。また、Stripe Checkout をご利用の場合は、難しい設定なしで Apple Pay の支払い受付を開始できます。

Stripe を活用中の革新的な企業が iOS アプリやウェブで Apple Pay をいち早くサポート

Indiegogo では、キャンペーンの資金集めに Apple Pay を利用したお客様のコンバージョン率が最大で 250% も向上しました。OpenTable では、レストランの利用客が iOS アプリやウェブからシームレスに支払いを済ませることができました。また Instacart の顧客は、Apple Pay で他の支払い方法よりも 58% 速く精算を完了しました。

iOS アプリの Apple Pay

Stripe の iOS SDK により、Apple Pay 決済と通常のカード決済の両方を、たった一度の導入で簡単に受け付けることができます。

Apple Pay を使用して、顧客はワンタッチで商品(食料品、衣服、家電製品など)やサービス(クラブの会員料金、ホテルの予約、イベントのチケットなど)の料金を支払うことができます。

Apple Pay のリリース以降、Apple Pay をサポートするアプリのチェックアウトコンバージョン率が 2.5 倍も上昇しました。

You’re viewing our website for India, but it looks like you’re in the United States. Switch to the United States site