Postmates: Stripe の支払いコンサルティングサービスを利用してカードネットワーク手数料を 300 万ドル以上削減

Postmates は米国の 4,200 都市で消費者向けの配送ロジスティクスを革新しているオンデマンドデリバリー企業です。業界をリードするマーケットプレイスを提供していて、顧客は地元のレストランや店舗を見つけて購入できます。

使用製品

    Billing
    Issuing
    Payments
    Radar
北米
エンタープライズ

課題

Postmates は米国の 600,000 社以上の配送業者と米国最大の加盟店ネットワークによって都市での物品の輸送を変革しています。しかし、このように顧客が大幅に増加することで、カードネットワーク手数料が増大するという大きな問題が生じました。カードネットワーク手数料の支払いは毎年数千万ドルに膨らんでいたため、取引手数料を削減することが会社の最終的な収益にとって極めて重要になっていました。

Postmates は定額の料金設定から「コストプラス」(インターチェンジプラス) モデルに移行すれば、各取引に関連するさまざまな手数料について完全な透明性を確保でき、カードネットワーク手数料の大幅な削減につながると認識していました。

解決策

Stripe の Payment Performance チームは Postmates と相談して、Postmates 固有のコストの傾向を評価し、支払いフローを最適化する機会を見つけ、効果が最も大きくなるコスト削減の取り組みを実施する戦略を策定しました。

Postmates のペイメントプロダクトリードの Samantha Phillips 氏は、「Stripe は当社の料金構造に合わせたインターチェンジフィー、ブランドフィー、Stripe 手数料の内訳を含めた効果のサマリーを提示してくれました。また、当社の取引データを分析して、すぐに効果のあるコスト削減方法についてカスタムの推奨事項を提案してもらえました」と言います。Stripe の Payment Performance チームは、ネットワーク手数料を削減するための戦略として次の 5 つを提案しました。

1. カードのタイプ: Postmates のユーザは、利用できるあらゆるタイプのカードで購入します。これは Postmates のユーザにとっては便利ですが、追跡するのは困難です。Stripe は個別のカードタイプごとにコストを内訳にして、過去の処理量、処理量とネットワークの比較を確認してコスト削減の方法を見つけ、支払いフローを最適化する機会を探りました。

2. 国際設定: Postmates のサービスは海外からの旅行客に人気の旅行地で普及しており、海外との取引は国内取引よりも高額になる傾向があるため、Stripe は米国外で発行されたカードの割合を確認しています。目標は、決済構造が海外取引のコストを最小限に抑えるようになっているかどうかを評価することです。Stripe は国内と海外の実効レートとカード保有者の国ごとの NPV を評価し、最適化の機会を明らかにしました。

3. 返金と払い戻し: オンデマンドデリバリービジネスでは、品質や配達遅延に関する顧客の懸念に直面することは避けられず、それが返金リクエストにつながります。問題は、カード保有者が返金を望んだときにすべてのネットワーク手数料が返金されるとは限らないことです。Stripe はオンデマンドデリバリーの支払いフローを確認し、返金リクエスト時に失われる手数料を削減することに特に注意を払いました。定着率を高めて返金による取引コストを削減するために、返金するのではなく顧客の Postmates アカウントにクレジットを付与する方法を提案しました。

4. ペナルティ: ペースの速いオンデマンド環境で物品を配送するという複雑さがあり、複数の組み込みで支払い成功率を高めるためのベストプラクティスに従うことが大切です。Stripe は Postmates の支払いエントリーポイントをすべてレビューし、不必要なブランドフィーのペナルティが課されないことを確認しました。Stripe はダウングレード (ネットワークのベストプラクティスに従っていないために、より高額な IC レートで決済される取引) とインテグリティフィー (同様の理由で Visa が査定するペナルティブランドフィー) を評価して、削減の機会を見つけました。

5. 平均注文額: デリバリーではチップを渡すのが一般的で、やり取りの数週間後に行われることもあります。Stripe は時間経過に沿って正味現在価値 (NPV) と実効レート、取引規模と実効レート、平均注文額 (AOV) と実効レートを比較し、Postmates の支払いフローをレビューして、食品の取引とチップの取引を 1 回の購入にまとめることで取引手数料を削減できるか検討しました。その結果、購入用の資金を入れたトップアップウォレットを顧客に提供して、AOV を増やし、全体的な実効レートを減らすことを Postmates に提案しました。

結果

Stripe の支払いコンサルティングサービスが Postmates のカードのタイプ、国際設定、返金と払い戻し、ペナルティ、AOV を評価した結果、 330 万ドルの削減ができることが明らかになりました。

コスト最適化にゴールはないため、両社はパートナーシップを通じて、パーソナライズされたワークショップやカスタムの推奨事項による継続的なコスト最適化教育の環境を構築しました。

「Stripe のチームは戦略的パートナーシップの基準を設けています」と Phillips 氏は言います。「当社には専任のアカウントマネージャーとテクニカルアカウントマネージャーに付いてもらい、意識合わせを毎週行ってさまざまなトピックを議論します。また、パフォーマンスチーム、コンプライアンスチーム、エンジニアリングチームとも話をし、Postmates のパフォーマンスがあるべき状態になっていることを確認し、今後予定されている規制の改正を常に把握できるようになっています。」

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます