定額制音楽ストリーミングサービス AWAでStripeを活用。Billingはサブスクリプションに欠かせないサービス 。

AWAは、株式会社サイバーエージェントおよびエイベックス・デジタル株式会社が運営をする定額制音楽ストリーミングサービスです。配信楽曲数は世界最大規模を誇り、サブスクリプション型でユーザーにコンテンツを届けています。新しい音楽と出会うことができるプラットフォームです。

使用製品

    Billing
    Payments
アジア太平洋
エンタープライズ

Challenge

2015年のサービスローンチを終え、AWAはより収益性の高いビジネス構造を目指し画策をしていました。決済プラットフォームを改めて見直し、開発効率を向上し、日々の運用を改善することで、より良いプロダクトの開発に集中できる環境を、スピード感を持って作り上げることが求められていました。当時利用していた決済手段は、細やかなサブスクリプション型の決済にまで対応させることは難しく、どのように実現ができるかを模索していました。

Solution

AWAはサブスクリプション型の決済を簡単に始められるStripe Billingを活用しています。毎月定常的に発生する顧客ごとの契約管理、請求料金計算、その後の決済までをまとめて自動的に処理しています。

Results

AWAは、サブスクリプションに付随する処理・管理工数を最小化することに成功しています。定常的な作業は、経理スタッフ1名でも十分回るようなシンプルなものに純化されており、Stripe Billingを導入してから特に請求関連の運用で困ったことはありません。また開発に遅れを出すこともなく、想定通りのスケジュールでリリースが実現できました。

STRIPE BILLINGはどんなマーケティング施策にも対応可能だった

AWAはサービスのリリース後も、更なるビジネス拡大のため、様々なユーザー獲得施策を企画しています。初月無料や期間中割引など、マーケティング側からは色々なアイディアが上がってきますが、実際には開発側がそれに対応した決済のシステムを整えられなければ実現はできません。Stripe Billingではそれら全ての施策パターンを導入することが可能であったため、マーケティングのチームに「この施策は開発的には出来ません」と伝えたことはありませんでした。

Stripe Billingがなければ自社でこれらのロジックを作る必要があるため、ユーザー獲得施策が多様化するほど、そしてユーザー数が増加するほど、管理と対応が苦しくなるモデルになることは目に見えていました。AWAでは、Stripe Billingで用意をしている機能から逆算をし、実現できるキャンペーンを打ち出すことも行なっており、Stripe Billingを余すところなく活用しています。

ビジネスチャンスを逃すことなく、自分たちが進めたいと思ったことを確実に実現できる点に、Stripe Billingのインフラとしての価値を感じています。

将来を見据えて

AWAは今後、料金プランも様々な形式を検討していく予定です。ビジネスの成長に合わせた環境やビジネス形態の変化にも、Stripe Billingを利用することで、柔軟に対応できることは大変ありがたいと思っています。

Stripe Billingには、サブスクリプションビジネスのグローバルでのトレンドに合わせて、新たな機能が定期的に追加されていることも魅力と考えています。最近ではSchedule Subscription(サブスクリプションの予約機能)が紹介され、今後AWAで積極的に活用していく予定をしています。

また、日本市場の次は海外展開も視野に入れています。多国展開を進めているStripeだからこそ、そういったビジネスの大切な局面においても成長を手助けし続けてくれる、良いパートナーとなっていると感じています。近日中にはコンビニ決済や銀行振込への対応も予定されているので、今後はより多くの決済手段の拡充にも期待をしています。

「Stripeの効率性には感心するものがありますし、プラットフォームの信頼性も高く、3年以上利用していますが、問題がほとんどないことに驚いています。Stripeはサブスクリプションには欠かせないサービスになっています。」

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます