Cash App Pay: 徹底ガイド

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. Cash App Pay の仕組み
  3. Cash App Pay が利用されている地域
  4. Cash App Pay の利用者
  5. Cash App Pay を受け付けるメリット
  6. Cash App Pay のセキュリティ対策
  7. Cash App Pay を決済手段として受け付ける方法
  8. Cash App Pay に代わる選択肢

Cash App Pay は、モバイル決済サービスである Cash App のデジタル決済機能です。サンフランシスコを拠点とするこのモバイル決済サービスは Block (旧称 Square) が提供するサービスの 1 つで、5,000 万人を超えるアクティブユーザーを有しています。また、使いやすいインターフェイスと、個人と小規模企業向けの個人間送金、バンキング、投資サービスなどの多彩な金融サービスも有名です。

2013 年に Square Cash として発足した Cash App は大きく進化し、さまざまな機能が追加されてきました。その 1 つが Cash App Pay です。この機能を使用すると、利用者は Cash App のインターフェイスを通じて事業者に支払うことができます。この機能は、個人間取引に限定されていたアプリの使用範囲を拡大し、Cash App システムにビジネス取引用の機能を追加するために開発されました。Cash App Pay は iOS と Android プラットフォームで Cash App モバイルアプリを利用するユーザーなら誰でも利用でき、オンラインと実店舗での購入に使えます。

Cash App Pay を利用するには、事業者の POS にある QR コードをスキャンするか、一意の決済タグを使用して、取引を開始します。決済は、利用者の Cash App 残高、関連付けられている銀行口座、関連付けられているクレジットカードまたはデビットカードのいずれかから行われます。多くのデジタル決済システムと同様に、Cash App Pay には暗号化不正利用の検知機能をはじめとするさまざまなセキュリティ対策が施されています。オプションで Touch ID、Face ID、パスコードなどのセキュリティチェックも使用できます。

この記事では、Cash App Pay の仕組み、利用されている地域、Cash App Pay を決済手段として導入する方法など、Cash App Pay について事業者が知っておくべきことをご紹介します。

この記事の内容

  • Cash App Pay の仕組み
  • Cash App Pay が利用されている地域
  • Cash App Pay の利用者
  • Cash App Pay を受け付けるメリット
  • Cash App Pay のセキュリティ対策
  • Cash App Pay を決済手段として受け付ける方法
  • Cash App Pay に代わる選択肢

Cash App Pay の仕組み

  • アプリのダウンロード: まず、利用者は iOS または Android のアプリストアから Cash App アプリをダウンロードする必要があります。

  • アカウントの設定: アプリをインストールしたら、アカウントを作成し、取引の資金供給元となる銀行口座、デビットカード、クレジットカードのいずれかと関連付けます。

  • アカウント残高にチャージ: Cash App 残高に資金を入れておけば、すぐにアクセスして簡単に使うことができます。この残高にはわずかな利息がつきます。利率は変更される場合があります。また、取引に十分な資金を確保できるように、銀行口座から Cash App 残高にオートチャージすることもできます。

  • 取引: Cash App Pay を使って、領収書の支払いやオンラインショッピング、実店舗での購入時の支払いを行えます。

  • 請求書の支払い: 受取人の情報、請求額、支払い日を入力して、公共料金、家賃やその他の継続的に発生する費用を支払うことができます。Cash App Pay ではスケジュール設定されている日付に自動的に支払いが送金されます。

  • オンラインショッピング: Cash App Pay は一部の事業者でオンライン決済手段としても利用できます。利用者は決済時に決済手段として Cash App Pay を選択し、アカウントにログインして購入を確定します。

  • 対面支払い: Cash App で対面支払いをするには、事業者が提供する QR コードをスキャンするか、事業者の $Cashtag (Cash App 内での事業者専用の識別子) を使用します。これにより、利用者の Cash App 残高、関連付けられている銀行口座、または関連付けられているカードから事業者への直接送金が開始されます。

  • 支払いの受け取り: 支払いを受け取るには、利用者が自身の $Cashtag または QR コードを支払人に伝え、支払人が Cash App で取引を完了します。この方法によって、Cash App の利用者は、Cash App の他の利用者と Cash App を利用していない人の両方から資金を簡単に受け取ることができます。

  • 投資: Cash App Pay には、株式、上場投資信託 (ETF)、ビットコインに投資するための個人向けの使いやすいプラットフォームがあります。利用者はアプリで資産の選択肢を閲覧し、投資額を設定して投資できます。

  • デビットカードとクレジットカード: 利用者は Cash App Pay のデビットカードまたはキャッシュカードを申し込むことができ、Visa 決済を受け付けているすべての店舗で Cash App の残高を使うことができます。また、このカードを使用して ATM から資金を引き出すこともできます。

Cash for Business は小規模ビジネスの経営者や起業家向けの、特別なタイプの Cash App Pay ビジネスアカウントです。これらのアカウントは、少額取引を行う事業者や、創業したばかりで包括的な POS システムをまだ必要としない事業者向けにカスタマイズされています。認証済みのビジネスアカウントは、1 週間あたり最大 7,500 ドルを送金できます。Cash for Business は、クロスボーダー取引に対応していません。

Cash for Business の仕組みは次のとおりです。

  • ビジネスアカウントの設定: 事業者は Cash for Business アカウントを作成するか、アプリの設定で自身の Cash App アカウントをビジネスアカウントに切り替えることができます。

  • 支払いの受け取り: 支払いを受け取るために、一意のユーザー名または $Cashtag を選択します。$Cashtag は名刺やマーケティング資料に載せておくことができます。また、事業者はカスタム URL の決済ページを持つことができます。利用者は事業者のウェブサイトでリンクをクリックするか、一意の cash.me URL にアクセスすると、支払うことができます。利用者は個人用の Cash App アカウントを持っているかどうかにかかわらず、Cash App で Cash for Business アカウントに送金できます (cash.me リンクで支払う利用者は、クレジットカードまたはデビットカードを利用できます)。

  • 税務申告: 処理する取引額が多い事業者には、税務申告用に 1099-K フォームが届きます。

Cash App Pay が利用されている地域

Cash App Pay は主にアメリカで利用されており、最近ではイギリスにも拡大しています。各地域での普及率は、市場の状況、利用者の動向、ビジネストレンド、規制環境によって異なります。グローバル決済環境は、モバイル取引、個人間取引、革新的なデジタルソリューションへと移行し、オープンで相互運用可能な決済システムに有利な法改正も進んでいます。こうした要因すべてが、今後数年にわたって Cash App Pay の成長を後押しすることになるでしょう。各地域での Cash App Pay の利用状況は以下のとおりです。

  • アメリカ: Business of Apps によると、2023 年時点で Cash App は 5,000 万人以上のアクティブユーザーを有しており、そのほとんどはアメリカ在住者です。Cash App 利用者の大部分は、テクノロジーに精通した若者であり、利便性とモバイルファーストのソリューションを重視しています。アメリカで Cash App Pay が成功を収めているのは、アメリカがモバイル決済を早期に導入したことに加えて、Cash App のインターフェイスが使いやすいこと、個人間取引に焦点が当てられていることと関係があります。

  • イギリス: Cash App は 2018 年にイギリスで事業を開始Google Pay といった決済サービス大手が存在する、競争の激しい市場に参入しました。ターゲットマーケティングキャンペーンと若年層におけるブランド認知度に後押しされ、当初のユーザー数は有望な伸びを示しています。しかし、Cash App Pay は、アメリカよりも規制環境が厳しいイギリスで数々の課題に直面しています。イギリスでの普及率は、Cash App が他社にない独自の価値提案をできるかどうかと、利用者の好みに対応できるかどうかによって決まるでしょう。

  • ヨーロッパ: Cash App Pay はヨーロッパにも参入する予定ですが、リリース日はまだ発表されていません。ヨーロッパの市場は細分化されており、国によって規制環境も利用者の好みも多様です。Cash App Pay は、モバイル普及率が高く、モバイル決済の需要が高まっている国で大成功を収めるでしょう。

  • 新興市場: インドや中南米なども、 Cash App Payにとって潜在的な市場です。これらの地域にはモバイルを重視する人口が多く、その数は増え続けているため、モバイル中心の Cash App Pay ソリューションにとって成長が見込める豊かな土壌といえます。これらの市場では、地域固有の決済エコシステムと規制の枠組みに対応することが成功の鍵となります。また、Cash App Pay の拡大は、現地パートナーとの連携や戦略的買収によって加速する可能性があります。

Cash App Pay の利用者

Cash App Pay には幅広いユーザー層が存在し、業種、顧客層、ユースケースも多様化しています。利用者は Cash App Pay を請求書の支払い、オンラインショッピング、小売業の実店舗での決済、投資に使用しています。Cash App Pay のメインの顧客セグメントとビジネスは以下のとおりです。

  • テクノロジーに精通している若い利用者: Cash App Pay は Z 世代やミレニアル世代の共感を得ています。この世代はモバイルテクノロジーを活用し、デジタルソリューションで金融取引をすることを好みます。

  • フリーランサーやギグワーカー: Cash App Pay には口座振込やビジネス取引を行う機能があるため、モバイル対応の柔軟な決済ソリューションを求めている独立請負業者やフリーランサーに最適です。

  • ソーシャルメディアを積極的に利用している購入者: ソーシャルメディアプラットフォームの利用時間が長い人は、すぐ購入したいときなどは特に Cash App Pay の連携機能が便利だと感じています。

  • テクノロジー好きな利用者: テクノロジーをいち早く試そうとする人は、このアプリの革新的な機能と使いやすいインターフェイスを歓迎しています。

  • 料金を重視する利用者: Cash App Pay の料金体系は透明性が高いため、コスト効果が高い金融ソリューションを求める利用者を引きつけています。

  • 小規模・零細事業者: オンライン決済の受け付けや従業員の給与管理を行っている小規模事業者は、簡単な設定、使いやすいインターフェイス、手頃な手数料にメリットを感じて、Cash App Pay を利用しています。

  • E コマースビジネス: E コマースビジネスは、Cash App Pay と Shopify や Etsy などのオンラインマーケットプレイスとの連携機能によってメリットを得ることができます。

  • サービス提供型ビジネス: サービスプロバイダーは Cash App Pay で顧客への請求書の発行や支払いの受け取りを簡単に行えます。

  • モバイルファーストのビジネス: モバイルアプリやソーシャルメディアプラットフォームを利用して事業を運営している事業者は、Cash App Pay のモバイル中心のアプローチが非常に役立つと感じています。

Cash App Pay を受け付けるメリット

事業者が Cash App Pay を受け付けると、次のようなメリットが得られる可能性があります。

  • 取引のスピードアップ: Cash App Pay の決済プロセスはシンプルなので、取引をスピーディーに進めることができます。特に、小売業や飲食店のように取引量が多い業種ではメリットがあります。また、Cash App は広く普及しており、多くの顧客がすでにこのアプリを使っているため、プロセスをさらに効率化できます。

  • 手数料の削減: 事業者にとって大きな出費となるのは処理手数料です。Cash App Pay が請求する手数料は、取引ごとに 2.75% なので他社に引けを取りません。この料金体系の場合、小規模事業者にとっては、従来のクレジットカード処理業者と比較してコスト効率が高くなる可能性があります。

  • ワンランク上の顧客体験: 多くの利用者は、人気の決済アプリの利便性と使いやすさを高く評価しています。Cash App Pay を受け付けると、顧客満足度が向上し、リピーターになる可能性があります。

  • 財務管理ツール: Cash App には、支払いの追跡や財務管理を行える直感的なインターフェイスがあります。複雑な会計ソフトウェアはまだ必要でない小規模事業者にとって、価値あるツールとなる可能性があります。

  • キャッシュフローの改善: Cash App では関連付けられている銀行口座への即時入金オプションを提供しています。このオプションは、すぐに売上を受け取りたい事業者に役立ちます。

  • コスト効果の高いセットアップ: 従来の POS システムとは異なり、Cash App Pay では特別なハードウェアは必要ありません。そのため、高額な POS システムに投資する資金的な余裕がない小規模事業者やスタートアップにとっては、コストの節約になる可能性があります。

  • 顧客獲得: 事業者はソーシャルメディア、ウェブサイト、物理的なマーケティング素材に $Cashtag を掲載することで幅広いオーディエンスにリーチし、ブランド認知度を高めることができます。

  • 安全な取引: Cash App Pay などのアプリを使ったデジタル決済は暗号化され、高いセキュリティ基準が適用されるため、現金や小切手を扱う場合と比べるとリスクが低減されます。

  • 税務申告の簡素化: Cash App は 1099-K フォームなどの納税書類を提供しているため、現金を受け付けた場合と比べて事業者の税務申告が簡素化されます。

  • 利用者に関するインサイト: Cash App では利用者の行動と好みに関する価値あるインサイトを得ることができます。事業者はそれをターゲットマーケティングやプロモーションに活用できます。

Cash App Pay のセキュリティ対策

Cash App Pay のセキュリティ専門家が最新の脅威とトレンドをモニタリングし、アプリのセキュリティ機能を強化しています。Cash App Pay の主なセキュリティ機能は以下のとおりです。

  • データ暗号化: アカウント情報や取引の詳細を含め、Cash App を通じて転送されるデータはすべて、Transport Layer Security (TLS)Advanced Encryption Standard (AES) 256 などの業界標準プロトコルを使用して暗号化されます。そのため、データが傍受されたとしても、権限のない人は読み取ることができません。

  • 2 段階認証 (2FA): 2 段階認証では、ログイン時や機密性の高い取引の実行時に、ユーザーにパスワードのほかに、SMS またはメールで受け取った一意のコードを入力するように要求することで、セキュリティを強化しています。

  • 多層型ログイン: 利用者は個人識別番号 (PIN) または指紋によるロックを設定し、アカウントにアクセスする際に追加で認証を要求するよう設定できます。

  • セキュアエンクレーブ: Cash App Pay はパスワードや暗号化キーなどの機密情報を保管する専用ハードウェアコンポーネントであるセキュアエンクレーブを利用し、この情報をメインオペレーティングシステムから分離することで、攻撃者が機密情報にアクセスしにくくなる対策を施しています。

  • 不正利用検知: Cash App Pay は高度な不正利用検知システムを使用して不審なアクティビティーをモニタリングし、不正取引を防止しています。これらのシステムは取引パターン、デバイスフィンガープリント、場所情報などさまざまなデータポイントを分析して潜在的なリスクを発見し、必要な措置を講じます。

  • アカウントに関するアラート: 利用者のアカウントで不審なアクティビティーが見られた場合は、そのアクティビティーについて利用者にすぐに通知が届くため、すみやかに対応できます。

  • 保険: Cash App は利用者のアカウントから開始された不正取引に対して、最大 25 万 ドルの保険を提供しています。

Cash App Pay を決済手段として受け付ける方法

Cash App Pay はアメリカとイギリスでのみサービスを提供しているため、Cash App Pay の支払いを受け取ることができるのは、アメリカとイギリスで事業を運営している事業者に限定されます。また、Cash App Pay を決済手段として受け付けるには、事業者が以下の標準的なビジネスの特徴を有している必要もあります。

  • 法人登録: 事業者向けの Cash App Pay の利用資格を得るには、事業者が法人登録証明書を持っている必要があります。

  • 納税者番号: 事業者は有効な納税者番号 (TIN) を持っている必要があります。個人事業主の場合は、社会保障番号 (SSN) でもかまいません。その他の事業形態の場合は、雇用者識別番号 (EIN) を使用できます。

  • サポート対象の銀行口座: 入金を受け取ったり送金したりする Cash App Pay アカウントに関連付けることが可能な銀行口座が必要です。この銀行口座は事業者の名前で開設されており、登録時に提出した情報と一致している必要があります。

  • インターネット接続: Cash App Pay で取引を行うには、安定したインターネット接続が必要です。

  • 互換性のあるデバイス: Cash App を実行して決済を処理するための、互換性のあるスマートフォンまたはタブレットにアクセスできる必要があります。

条件を満たしている事業者は、以下の手順を実行して事業者向け Cash App Pay の利用登録をする必要があります。

  • Cash App のダウンロード: Cash App を Apple App Store (iOS) または Google Play ストア (Android) からダウンロードします。

  • 申し込みの送信: アカウントを作成します。アカウント作成時に必ず「Business (事業者)」オプションを選択します。すでにお持ちの個人用アカウントをアプリの設定でビジネスアカウントに切り替えることもできます。ビジネスアカウントに申し込むには、事業者の登記簿謄本、TIN を確認できる書類 (SSN カードや EIN 通知書など)、銀行口座明細書の写しをアップロードする必要があります。Cash App Pay が申し込みを審査し、1 ~ 3 営業日以内に結果をお知らせします。

  • 決済手段の導入: Cash App Pay が申し込みを承認したら、事業者は希望に応じて、実店舗での支払い用、オンライン決済用、またはその両方用に Cash App Pay をセットアップする必要があります。事業者は、利用者が自身の Cash App でスキャンできる一意の QR コードを生成するか、利用者が Cash App で送金する際に使用できる事業者専用の $Cashtag を作成する必要もあります。Cash App Pay を既存の POS システムと連携させて、実店舗での支払いに利用することができます。

事業者向けの Cash App Pay に関する詳細についてはこちらを、また事業者向けの Cash App Pay に関するよくあるご質問についてはこちらをご覧ください。Cash App サポートセンターにはこちらからアクセスできます。

Stripe などの決済処理サービスを利用している事業者は、そのシステム内に Cash App Pay を導入することができます。決済処理サービスを通じて Cash App Pay を処理するようにすると、事業者は中心となるクリアリングハウスで複数の決済手段を一元管理できます。Cash App Pay を Stripe アカウントに導入する方法を以下に示します。

  • Stripe で Cash App Pay を有効にする: Cash App Pay を有効にするには、Stripe ダッシュボードにログインして「支払い」セクションに移動し、「決済手段」を選択します。この画面で、Cash App Pay を有効にすることができます。事業者のアカウントの設定によっては、追加情報が必要になります。

  • Cash App Pay を導入する: 事業者は対象のすべてのプラットフォーム (ウェブサイト、モバイルアプリ、POS システムなど) で Cash App Pay を決済手段として導入する必要があります。Stripe はプラットフォーム別の導入オプションと、各タイプの導入を完了させるための手順書を用意しています。

  • 決済を受け付ける: Cash App Pay を導入すると、この決済手段で実行された支払いが自動的に事業者の Stripe アカウントに入金されるようになります。

Stripe での Cash App Pay の使用に関する追加ドキュメントはこちらを、また Cash App Pay との連携に関する Stripe のサポートページについてはこちらをご覧ください。

Cash App Pay に代わる選択肢

アメリカとイギリスでは、Cash App Pay に代わる決済手段の選択肢が多数あります。主に次のような競合サービスがあります。

  • Venmo: Venmo はアメリカでよく利用されており、このアプリの 7,800 万人のアクティブユーザーのほとんどはアメリカ在住者です。個人間取引に対するユーザーフレンドリーなアプローチは Cash App と似ており、加盟事業者の店舗での購入に Venmo を利用することもできます。

  • Zelle: Zelle は銀行間送金を処理するサービスであり、多数のバンキングアプリに直接実装されています。個人や事業者の取引でよく利用されており、処理の速さでも知られています。ほとんどの取引はわずか数分で完了します。

  • Google Pay: Google Pay はさまざまな用途に使える非接触型決済オプションであり、実店舗、オンラインショッピング、個人間取引で利用されています。世界中で 1 億 5,000 人以上のアクティブユーザーを獲得しており、全世界で利用できます。また、他の多数のサービスやアプリとも連携します。

  • Apple Pay: Google Pay と同様に、Apple Pay非接触型決済を処理するサービスであり、多くの小売業者で利用できます。セキュリティ機能が有名な Apple Pay は Apple デバイスに搭載されており、全世界でのアクティブユーザー数は 5 億人に上ります。

  • PayPal: PayPal は定評のあるグローバル決済プラットフォームであり、オンライン決済、実店舗での購入、個人間取引といった幅広いサービスを提供しています。世界中に 4 億 2,800 人のアクティブユーザーがいます。

  • Revolut: Revolut はイギリスとヨーロッパで利用されている決済手段であり、幅広いデジタルバンキングサービスを提供しています。低い手数料で国際通貨を交換できるほか、Cash App と同様に個人間決済のプラットフォームを提供していることで知られています。Revolut は世界中で 3,000 万人以上の利用者を獲得しており、アプリと連動して実店舗やオンラインでの購入に使えるデビットカードも提供しています。

  • Monzo: Monzo はイギリスに拠点を置くデジタル銀行です。イギリスの 700 万人の利用者に対して、便利でスピーディーな個人間決済を提供しています。また、デビットカードも提供しており、予算管理や貯金用のツールとして人気です。

  • Starling Bank: Starling Bank はイギリスに拠点を置く総合デジタル銀行です。個人間決済や国際送金を処理し、デビットカードも提供しています。イギリスでの利用者は約 360 万人に上ります。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。