Complying with Singapore’s Payment Services Act and MAS Notice PS-N01

A guide for Stripe users in Singapore

はじめに

Payment Services Act 2019 (PSA、2019 年の資金決済法) は、従来の Payment Systems Oversight Act (決済システム法) および Money- Changing and Remittance Businesses Act (両替・送金業法) に代わるものとして、シンガポールにおける Stripe をはじめとする決済システムおよび決済サービスプロバイダーに対する規制のための、将来を見据えた柔軟なフレームワークとして、シンガポール政府によって発布されました。 この法律は規制の確実性と消費者保護について定めるとともに、決済サービスとファイナンステクノロジー (FinTech) のイノベーションと成長を促進します。

PSA、および Notice PS-N01 (「マネーロンダリング防止およびテロ資金対策に関する通知 – 決済サービスライセンスの保有者 (特定の決済サービス)」) は、シンガポール金融管理局 (MAS) が PSA に従って発令され、決済システムと決済サービスプロバイダー向けのさまざまなリスク管理策を導入しています。その分野は、ユーザー保護、マネーロンダリング防止およびテロ資金対策 (AML/CFT)、相互運用性と情報テクノロジーなど多岐にわたります。

Stripe ユーザーへの影響

PSA および Notice PSN01 が定める AML/CFT 政策に従い、Stripe はユーザーアカウント登録プロセスの一部を変更し、新規ユーザーと現行のユーザーの双方に適用される、さまざまな対策を導入しました。具体的には以下が含まれます。

  • 使用状況調査、
  • 本人確認の強化、および
  • 収集する顧客確認 (KYC) 情報の拡充

使用状況調査

PSA および Notice PS-N01 に従い、Stripe はユーザーから収集して確認する必要のある KYC 情報の各種レベルを定めた、段階制 KYC アプローチの導入を要求されています。

KYC のレベルは、特に Stripe アカウントの目的、言い換えると Stripe アカウントの主な用途によって決定されます。 お客様から収集する必要のある情報を特定するために、Stripe は使用状況調査を開始します。この調査は、ご使用の Stripe アカウントの詳細と、具体的にはアカウントが寄付のような特定の種類の決済の受け付けに使用されているか、クラウドファンディングに使用されているか、または金融サービスを提供しているかを把握する目的で作成されたいくつかの質問で構成されています。

これらの質問にご回答いただくことで、Stripe はお客様から収集および確認する必要がある情報のレベルを適切に決定することができます。

本人確認の強化

PSA と Notice PS-N01 の規定では、Stripe が特定のユーザー向けに強化された本人確認プロセスを実行することが義務付けられています。 Stripe ではこの要件を満たすために、シンガポールの MyInfo による本人確認 (Singpass アプリを使用)、またはコンピューターまたはモバイル機器のカメラを使用してリアルタイムで Stripe にキャプチャーされる、ご自身の写真と有効な身分証明書の提出による本人確認をお願いする場合があります。

収集する顧客確認 (KYC) 情報の拡充

PSA および Notice PS-N01 を順守するため、Stripe は国籍、会社の取締役の詳細などの追加情報の収集義務付けられることがあります。Stripe が収集する必要のある追加情報の範囲は、特に Stripe アカウントの主な用途によって決まります。また、Stripe では適用される規制を順守するために必要な情報のみを収集します。

まとめ

Stripe のプラットフォームは、ユーザーが新機能や規制の変更点について常に最新の情報を把握できるように設計されています。このガイドが、Payment Services Act (および MAS の実施計画) によって導入される新しい要件と、Stripe ユーザーがどのように準拠を維持できるかをご理解いただく一助となれば幸いです。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

参考資料

You’re viewing our website for Slovakia, but it looks like you’re in the United States.