Shipt: Stripe の支払い最適化機能でオーソリ成功率 6.6% アップ

Shipt は、2014 年にアラバマで地域の食料品デリバリーサービスとして創業されて以来、260 都市以上にサービスを拡大しています。使いやすいアプリと信頼できる買い物代行スタッフを擁し、生鮮食料品と生活必需品を会員に届けています。Stripe と提携することで、Shipt は米国全体にくまなくビジネスを拡大しながら、顧客、買い物代行スタッフ、コミュニティーに等しく便利な決済機能とサービスを提供することができましたが、2017 年に Target に買収されました。

使用製品

    Payments
    Billing
    Connect
    Sigma
北米
成長期

課題

Shipt は創業当初から、双方向マーケットプレイス取引が抱える複雑な曲面を乗り切り、買い物代行スタッフのコミュニティーに新機能を提供し、経営を効率化できるようにサポートしてくれる、決済パートナーの必要性を認識していました。短期間でビジネスを拡大した Shipt は、将来的にビジネスの目標が変わる可能性を見越して、開発者が使いやすく、簡単に拡張できる決済インフラ上で事業を運営する必要がありました。

結果

Shipt は、新たなマーケットへの参入とともに、マーケットプレイスコマースを強化するための総合的な製品スイートの提供をサポートする独占的な決済代行業者として、Stripe を選びました。「Stripe ではすべてがパッケージ化されています。その使いやすさとエンジニアリングにおける強固なパートナーシップを評価しました。」(Shipt 決済担当 PM)

Shipt は Stripe Payments と Billing を導入した結果、支払い成功率を 6.6% 向上し、収益を最大化しながらスムーズな顧客体験を提供できました。

さらに、Shipt では Stripe Connect と Stripe Instant Payouts を活用して、Instant Pay と呼ばれる、買い物代行スタッフへの柔軟な入金機能を展開することにしました。これは、従来の週 1 回の ACH 決済に代わる機能です。Instant Pay は驚くほどのスピードで買い物代行スタッフに採用されました。Shipt Instant Pay の立ち上げから最初の 1 週間で、買い物代行スタッフの 30% が同機能に切り替え、毎日継続して利用するようになりました。

ソリューション

Shipt は、Payments、Connect、Radar、Sigma、Instant Payouts、および Billing を実装することで、このような目覚ましい結果を達成しました。Stripe の統合プラットフォームから操作すれば、各機能を簡単に組み込むことができます。

顧客のクレジットカードの支払い成功率を最適化

Shipt は Stripe Payments の事前処理レイヤーを使用して、支払い拒否を未然に防いでいます。Stripe の Adaptive Acceptance は機械学習を使用してオーソリメッセージを最適化し、よりスマートなリトライの判断を瞬時に行います。

会員の年次サブスクリプションの更新時期になると、Stripe Billing が顧客の支払い情報の更新と継続支払いの最適化をサポートします。自動カード更新機能を使用すれば、保存済みカードが期限切れ、または再発行になった場合に情報を手動で更新するように顧客に依頼する必要がありません。Stripe はカードネットワークに直接接続するため、サービスを中断することなくシームレスにカードを更新でき、顧客離れや売上の損失を回避できます。

Stripe Billing の Smart Retries 機能は、失敗したサブスクリプションの支払いを Shipt が最適なタイミングで再試行できるようにします。機械学習を活用する Smart Retries は、数百もの購入者シグナルと取引シグナルを使用して、成功した支払いをキャプチャーするためのリトライに最適なタイミングを選びます。

Instant Pay を導入して入金を柔軟に管理

買い物代行スタッフ向けに柔軟な入金機能を提供するために、Shipt は Stripe Connect と Instant Payouts を使用して、Shipt 独自の Instant Pay を立ち上げることにしました。Shipt Instant Pay を使用することで、Shipt の 30 万人の買い物代行スタッフは、週 1 回の給料日を待つことなく、利用可能な売上を銀行口座に必要に応じて送金できます。

Stripe の分かりやすいドキュメントのおかげで、Instant Pay の実装のほぼすべてを 1 人のエンジニアで行うことができました。 注文の決済フローを新たに構築してネットワークコストを削減 顧客がチップを支払うと、それは別のクレジットカード取引として扱われるため、追加手数料が発生します。Shipt は Stripe と提携して決済オーソリフローの利点を生かし、1 回の取引で、Shipt が最終的な支払い金額を売上として処理する前に、買い物かごの注文内容の変更を確定するための時間を設けました。

長期にわたるパートナーシップ

Shipt は Stripe に支えられて「成長」しました。同じ決済処理業者を通じてシームレスに成長しビジネスを拡大できただけではなく、Stripe は相談に応じて助言できるパートナーとして、Shipt の新しい製品機能の構築、収益実績の最適化、コスト削減の機会の発見をサポートしました。

「Stripe 製品スイートを導入することで、個別の各機能を組み合わせるより大きな成果を得ることができます。Stripe のプロダクトイノベーションは驚くべきものであり、強固なパートナーシップによって簡単に導入できます。当社のビジネスの複数の要素に 1 つのチームが対応してくれるので、やり取りがシンプルになり、共有された知識や技術を新しいプロジェクトに活用することができます。」(Shipt 決済担当 PM)

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます