1 つのプラットフォームで支払いに関するあらゆるニーズに対応

支払いを受ける

顧客インターフェース

あらゆるサイズのさまざまなブラウザやデバイスで利用できる完全なチェックアウト機能を作成しましょう。さまざまなオプションから選択して、お客様に最適な組み込みを見つけることができます。

ホストされた支払いページ

構築済みのホストされた支払いページである Checkout を利用して素早く簡単に利用を開始しましょう。ブランドに合わせたカスタマイズも可能です。コンバージョンを高めるために Checkout は顧客の場所に合わせて動的に言語と支払い方法を選択します。またモバイルウォレット、クーポン、税率のサポートなど、さまざまな機能を提供します。

埋め込み可能な UI コンポーネント

事前に構築され豊富な機能を提供する UI コンポーネント一式が含まれた Stripe Elements を利用して、カスタムの支払いフォームを作成できます。Elements は、Stripe のフロントエンドチーム、デザインチーム、アナリティクスチームのノウハウを結集して開発されています。ユーザエラーを減らし、支払い処理の成功率を高めます。

API のみ

完全に API ベースの組み込みを構築するか、Stripe の javaScript ライブラリのみを使用して顧客の支払い情報をトークン化します。同時にカスタムのチェックアウト UI を設計できます。

対面支払い

Stripe Terminal を利用すると対面支払いが可能です。開発者が使いやすい SDK で、カスタムのチェックアウトを作成して、Stripe の決済プラットフォーム体験を対面支払いの取引にも提供できます。

請求処理

米国のビジネスに請求する場合は、Stripe を利用して顧客に請求書を送信し支払いをリクエスト。企業ブランドに合わせて請求書をカスタマイズし、支払い条件を追加できます。カード支払いと ACH 支払いに対応します。

サードパーティの組み込み

事前構築済みの E-コマースプラグインを利用して、組み込みをスムーズに開始しましょう。簡単な設定で利用できる支払い機能をすばやくストアに組み込むことができます。
  • Drupal
  • PrestaShop
  • Magento
  • Shopware
  • WooCommerce
  • WordPress

支払いオプション

統合された組み込みを利用して、顧客が支払いオプションを自由に選択できるようにすることで、ビジネスを成長させ、グローバルに展開し、海外でのコンバージョン率を高めることができます。より多くの顧客にサービスや製品を提供するために、適切な支払い方法を特定して選択する方法を Stripe のガイドでご案内しています。

カード

あらゆる国の顧客が、すべての主要なデビットカードとクレジットカードを利用することができます。
  • 動的な明細書表記
  • Adaptive Acceptance
  • オーソリ機能
  • 全額または一部金額の返金
  • セキュリティコードまたは AVS チェック
  • 確実な入金

ウォレット

ウォレット支払いを利用して、スピーディなチェックアウトが可能になります。ウォレット支払いでは、クレジットカードやデビットカードの情報が電子的に保存されます。カードや請求書の情報を手作業で入力する必要がないため、手間をかけずにすぐ支払い処理ができます。
  • Alipay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Microsoft Pay
  • Click to Pay
  • WeChat Pay

銀行引き落としと送金

定期支払いや継続的な支払いのために口座引き落としを受け付けて、意図しない解約を最少化します。大規模な取引では、自動化された勘定調整の機能付きで銀行振込を受け付けることができ、これにより運用を複雑化することなく、支払い失敗の可能性を低減します。
  • ACH クレジットトランスファー
  • ACH ダイレクトデビット
  • Bacs ダイレクトデビット
  • BECS ダイレクトデビット
  • 小切手
  • Multibanco
  • SEPA ダイレクトデビット
  • 電信送金

銀行へのリダイレクト

より便利でセキュアな銀行口座からの支払い方法を顧客に提供してコンバージョンを高めます。顧客のオンライン銀行の認証情報を使用して支払いをオーソリすることで、銀行へのリダイレクトは、多くの国でよく使用されるオンライン支払いとなっています。
  • Bancontact
  • EPS
  • FPX
  • Giropay
  • iDEAL
  • Przelewy24
  • SOFORT

今すぐ購入、支払いは後

柔軟な支払いオプションを提供して、顧客の購買力を高め、コンバージョンを改善し注文金額を増加します。
  • Klarna
  • Afterpay / Clearpay

現金ベースのバウチャー

顧客は請求書やオンラインでの購入を実店舗で現金で支払うことができます。
  • OXXO

通貨

顧客の希望する通貨で請求処理と価格表示を行うことで、売上が向上します。顧客は外貨両替の手数料を支払う必要がなくなります。

追加のサポート

現地の Stripe アカウントを作成することにより、それぞれの国に適した決済環境の利用が可能になります。これにより、受け入れ率が最大限に高まり、コストを削減できるほか、顧客は外国為替手数料を支払う必要がなくなります。新たな国でビジネスを始める場合でも、同じ API インフラストラクチャを調整して利用できるので、追加のエンジニアリング作業が必要ありません。
AU EE HK LT NZ SK AT FI IE LU SG ES BE FR IT MY PL SE CA DE JP MX PT GB DK GR LV NL IN US

モバイル

iOS アプリや Android アプリ、モバイル Web サイトから支払いを受け付けましょう。Stripe のモバイル SDK を使用すれば、数行のコードを書くだけで支払いを受け付けられます。バックエンドの変更は必要ありません。

iOS および Android SDK

Stripe の iOS および Android のネイティブライブラリを使用すると、機密性の高い PCI データがサーバを経由することなしに、クレジットカードの情報を収集できます。ライブラリには、Alipay や iDEAL など、Stripe が対応するあらゆる決済方法を受け付けるためのツール一式が用意されています。

モバイルの顧客インターフェイス

Stripe の SDK の一部である構築済みの UI コンポーネントを利用すれば、カードの詳細情報を入力するためのフォームフィールドから、配送情報収集のあらゆるフローにいたるまで、完全なチェックアウトフローを簡単に作成できます。また、ブランドのイメージに合わせて、色やフォントをカスタマイズすることも可能です。Stripe の主要な API を使用して、安全なチェックアウトフローをゼロから独自に構築することもできます。
  • すぐに使える UI
  • フルカスタムのフォームのための API

モバイル Web

CheckoutElements を使用して、モバイルのチェックアウトフローを Web で使いやすいものにしましょう。Checkout と Elements は、一般的なブラウザの支払い方法もサポートしているため、モバイル用の Web サイトでのチェックアウトを迅速化できます。
  • ウェブ版 Apple Pay
  • Payment Request API
  • モバイル機器のテンキーキーボード
  • 画面サイズの適応

支払いを処理する

ユースケース

1 回限りの支払いを受け付ける、定期支払いを設定する、プラットフォームやマーケットプレイスでの支払いを可能にする。お客様の目的がどれであっても、Stripe はあらゆるビジネスモデルをサポートする包括的なテクノロジースタックを提供します。

オンライン支払い

数分でオンラインでアカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や銀行情報は不要です。Stripe の柔軟な API、ライブラリ、SDK を利用して、セキュアでカスタマイズされた支払いフローが設計できます。
  • セキュアなトークン化
  • 支払い詳細の保存
  • オーソリとキャプチャの分離

オムニチャネル

オンラインデータとオフラインデータの間にある壁を壊しましょう。開発者ツール、認証済みのカードリーダー、クラウドベースのハードウェア管理により、オンラインビジネスを現実の世界に拡大できます。
  • 定期支払いとプラットフォーム支払い
  • カスタマイズ可能なメール領収書とスプラッシュスクリーン
  • 認証済みのカードリーダー
  • チップ型と非接触型
  • Apple Pay および Google Pay
  • すべてのリーダーを一括管理

継続支払い

Stripe の構成可能な API を使用して定額プラン、ユーザ数ベース、段階制、使用量ベースの料金の定期支払いを作成し、柔軟な請求書を使用して顧客に請求しましょう。自動的に期限切れのカードを更新し、失敗した支払いを再試行し、顧客が支払い情報を管理できる組み込まれたソリューションで、ビジネスが継続支払いを簡単に設定して管理できるように Stripe がサポートします。
  • 柔軟な請求ロジック
  • オンライン請求書
  • Smart Retries
  • 自動カード更新機能
  • カスタマーポータル
  • 日割り計算ロジック
  • メールリマインダー
  • 組み込まれた分析機能
  • クーポンと無料トライアル

プラットフォームとマーケットプレイスでの支払い

Stripe が提供する一連のプログラム可能な API とツールを利用して、支払いを容易にし、世界中の売り手に入金しましょう。売り手の本人確認から支払いの経路選定まで、プラットフォームとマーケットプレイスが、規制に準拠しながら簡単に支払いを管理できるように Stripe が支援します。
  • 最適化されたアカウント登録フロー
  • 組み込まれた KYC チェックと AML チェック
  • OFAC 規制および制裁遵守のためのスクリーニング
  • PSD2 準拠
  • きめ細かな取引の経路選定
  • 入金と料金管理
  • 支払いの収益化
  • 1099 対応

収益の最大化

非効率なルーティングパスを利用することの多いレガシーの決済システムは廃止しましょう。このようなルーティングパスは、避けられたはずの大量の支払い拒否取引につながります。

認証

Stripe の動的な Payments API を使用すると、洗練された認証ロジックを適用して、ユーザ体験をできる限り損ねずに、コンバージョン率を最大化できます。SCA などの規定によって顧客認証が義務付けられている場合、Stripe のプラットフォームでは、ユーザに追加情報の提供を求める前に、該当する免除をすべて適用します。
  • SCA 免除エンジン
  • 3D セキュア 2

オーソリ

Stripe のプリプロセスレイヤでは、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレスを含む主要なカード業界のネットワークとの複数の地域にわたる直接接続を通じて、あらゆるビジネスが必要なサービスを直接利用できるように支援しています。これにより Stripe は、ルーティングパスを最適化し、詳細データを提供し、取引の遅延を低減しています。

Stripe のプラットフォーム全体が、支払い拒否を最少化して売上を最大化するように設計されています。これには保存済みのカード情報を更新したり、失敗した継続支払いを再試行する最適なタイミングを見極めるツールから、拒否された支払いをリアルタイムで再キャプチャできる機械学習モデルなどが含まれます。

  • 業界トップの信頼性
  • スマート MCC
  • 動的なオーソリ
  • 自動カード更新機能
  • Amex のオーソリの強化
  • 自動化された ISO 最適化
  • Adaptive Acceptance のリトライ

カードの不正使用と不審請求の申請

Stripe の完全に組み込まれたソリューションを通じて、リスクを管理し、カードの不正使用対策を強化します。お客様が初めて取り扱うカードであっても、Stripe ネットワークで以前に利用されたことがある可能性は 89% です。

Stripe Radar

Stripe Radar により、カードの不正使用を特定し、その影響を防ぎます。Stripe Radar は、機械学習を活用したカードの不正使用対策システムで、既存の決済システムと完全に連携します。Radar では、適応性の高い複数のアルゴリズムを組み合わせて使用しており、これらのアルゴリズムは、何百万ものユーザで構成された Stripe のグローバルネットワークを通じて学習しています。
  • 機械学習を活用したカードの不正使用対策
  • 透明性の高いリスク評価
  • 水平スケールを使用した機械学習モデルのトレーニングインフラストラクチャ
  • カスタムルール用エンジン
  • 信頼リストおよびブロックリストのサポート
  • 手動レビューフローの最適化
  • 不正使用のリアルタイムインサイト
  • TC40 および SAFE によるカード不正使用のレポート

動的な 3D セキュア

認証レイヤーを追加して、不正使用やチャージバックのリスクを低減し、カードの不正使用による支払いの負担を避けられます。動的な 3D セキュアは、規制に基づいた支払い、またはリスクの高い取引にのみ認証を適用できるため、コンバージョン率を保護できます。
  • Radar ルールエンジンに対応
  • 3D セキュア 2 に対応
  • SCA の最適化

不審請求の申請への対応

カードネットワークと直接連携するエンドツーエンドの自動プロセスにより、不審請求に対応する際の手作業をなくします。不審請求の種類と関連するネットワークルールに基づき、高い確率で相手の主張を退けられる反証資料を提出できるようにサポートします。
  • 不審請求の申請をプログラムにより管理
  • 反証資料の提出をサポート
  • Visa Claims Resolution (VCR) および MasterCom と直接連携

決済と勘定調整

勘定調整

取引の照合作業を簡素化しスピードアップします。Stripe の API とダッシュボードを利用して、支払い、手数料、返金、送金に関するリアルタイムの情報を入手できます。

財務レポートの作成

Stripe のデータから直接財務レポートを作成できます。アメリカン・エキスプレスから別途レポートを取り寄せたり、ゲートウェイや加盟店アカウントプロバイダから請求書を入手する必要はありません。すべての入金が、正確な取引とその手数料の詳細を示す送金レポートでタグ付けされ、受け取った現金と取引を簡単に照合できます。
  • 一元化された財務レポート作成

レポートの統合

Stripe の構築済みのレポート機能を利用したり、API を使用して独自のレポートを作成したりすることができます。Stripe は財務レポート機能に特に重点をおいて有用なレポートを構築しており、これらのレポートをアカウントごとに自動生成します。
  • 構築済みのレポート機能
  • 月次レポート
  • 送金レポート
  • 取引レベルの残高の詳細情報
  • API を利用したカスタムのレポート作成

会計処理のサポート

Stripe のデータを会計帳簿と自動的に同期できます。Stripe を利用した支払い、返金、手数料に関する情報のエクスポートや、納税申告書の組み込みも可能です。
  • Netsuite
  • Quickbooks
  • CSV ファイル

入金

Stripe の API またはダッシュボードを使用して、取引が完了次第、簡単に入金を受けられます。

入金の統合

異なる支払い方法や通貨で行われる顧客からの入金を統合できます。
  • 入金の統合
  • 通貨換算

複数通貨での入金

地域を選択して、指定の通貨で入金を受けられます。

入金の管理

簡単にすばやく入金を受けられます。ダッシュボードから入金の履歴や今後の入金を管理し、入金予定日を確認できます。
  • 日次、週次、月次

即時入金

ダッシュボードから即時入金をリクエストして、数分で入金を受けることができます。
  • 迅速に売上にアクセス
  • 柔軟な入金オプション
  • 透明性の高い簡単なレポート作成

海外への入金

マーケットプレイスとプラットフォームは、35 カ国以上の受取人にシームレスに入金できます。
  • アカウント登録と本人確認
  • 入金ワークフローを自動化する
  • グローバルな一斉入金

支払いを管理する

レポート機能とインサイト

Stripe ダッシュボードでは、支払い方法や国、通貨を問わず、あらゆる支払いの内容を確認できます。また、API から直接データを抽出することも可能です。

Stripe Sigma

SQL を利用すれば、Stripe のデータの分析や、カスタムレポートの作成、インサイトの取得などがダッシュボードから簡単に行えます。データへのアクセスを構造化することで、さまざまなことが可能になります。たとえば、年度内に解約の見込みが最も低い顧客を特定したり、現在最も売れている SKU をピンポイントで把握したり、未払いの請求書のリストを作成したりできます。
  • カスタム SQL クエリサポート
  • 支払い拒否の分析、ARPU、解約率などを把握するための構築済みのクエリテンプレート
  • クエリを保存して共有
  • クエリのスケジュールを設定し繰り返し利用
  • 重要な指標の概要とフルカスタムのレポート

Stripe ダッシュボード

自身の扱う Stripe のデータ、顧客、プラン、残高などの情報すべてを表示、管理できます。返金処理の開始、カードの不正使用が疑われる請求の確認や不審請求の管理も可能です。銀行送金の内容から HTTP リクエストログにいたるまで、あらゆる情報に簡単にアクセスできます。
  • タイプアヘッド (先行入力) 機能
  • カスタマイズ可能なチャートとアナリティクス
  • データのエクスポート
  • リアルタイムのレポート作成とデータ
  • 簡素化されたワークフロー
  • テスト環境
  • カスタムメタデータフィールド

ダッシュボードモバイルアプリ

日々の売上や新規顧客、支払い状況など、決済に関する情報を追跡して管理します。さまざまな通知を受信できるほか、返金などの処理も迅速に行えます。

事業運営

Stripe アカウントをチームのメンバーと安全に共有できます。アクセスできるデータや参照できる情報などを、メンバーごとにきめ細かく制御できます。

役割と権限

チームのデータへのアクセスをカスタマイズして、機密扱情報やビジネスにとって重要な操作を保護します。銀行口座の変更や、ログイン、データのエクスポートなど、Stripe アカウントでチームメンバーが最近行った操作を追跡することも可能です。

アカウントのセキュリティ

Stripe ダッシュボードやアカウントデータへの安全なアクセスを実現します。
  • SMS による 2 段階認証
  • Google 認証システムによる 2 段階認証
  • U2F キー対応

コラボレーション用メモ

支払いや返金に関する情報のメモを追加して、ダッシュボードを利用するチームメンバーと共有できます。

サードパーティの組み込みとサポート

多数のサードパーティと連携した組み込みにより、Stripe プラットフォームは拡張されており、多くの時間がかかっていた手動のプロセスをほぼすべて自動化できます。

事前に構築された組み込み

ビジネスに役立つ各種ツールを利用して、Stripe アカウントの機能を拡張しましょう。たとえば、Shopify を利用すれば、数分でストアを開店できます。Freshbooks と連携して、顧客に請求書を発行し、Typeform のフォームでは、支払いを回収できます。Stripe と連携するツールや製品は増え続けています。
  • 会計処理
  • アナリティクス
  • 自動化
  • モバイル決済
  • 通知
  • 配送
  • 税金の計算

24 時間 365 日のサポート

ご不明な点やコードに関するご質問は、Stripe のサポートチームに、メール、チャット、電話でいつでもお問い合わせください。24 時間、いつでも無料です。

複雑なビジネスや急速に成長しているビジネスは、プレミアムサポートにアップグレードして、カスタマイズされたサポートプランを利用することもできます。

  • メール
  • チャット
  • 電話
Payments logo

Payments

Stripe の決済プラットフォームは、たった一度の導入で、クレジットカード、デビットカード、モバイルウォレット、そして多数のグローバル決済手段への対応を可能にします。3D セキュア 2 認証、カード情報の更新、自動化された再試行などの高度な支払い機能にアクセスしてください。
開始価格: 2.9% + $0.30 成功したカード請求ごと

継続支払い

Stripe のリカバリツールを使用して、1 回限りの請求や継続的な請求を行い、定期支払いを管理し、支払い拒否を低減します。

プラットフォームでの支払い

プラットフォームとマーケットプレイスが複数の売り手への支払いに簡単に対応し、25 カ国の売り手に支払いができるツール。