初めてビジネスをオンラインに移行する

オンラインで今すぐ商品の販売を始めるためのガイド。

はじめに

困難なときこそ、あなたのビジネスの重要性はいっそう高まります。ビジネスはコミュニティが安定していることを示すものであり、従業員を支える源であり、顧客が必要としている物を生産します。これまで顧客の多くに対面でサービスを提供していた場合、顧客が来店しないようになったこと、健康上の不安からサービス提供ができなくなったこと、または政府の求める行動制限により、すでにビジネスが難しい状況にある (または間もなくそうなる) かもしれません。Stripe は、実店舗での営業できなくても、ビジネスが営業を継続できるように支援します。

Stripe はインターネットの財務インフラストラクチャを構築します。Stripe はオフラインからオンラインに移行する多くのビジネスと連携した経験があり、またあなたのようなビジネスがオンラインで営業できるように支援する、多くのオンラインプラットフォームをサポートしています。

Stripe は物事を明るい方に考えていますが、それでも人類が新型コロナウイルスを克服するまでにどのくらいの時間がかかるか、また地域の混乱がいつまで続くかは予測できません。できればオンラインで収益を得られるように検討するべきです。オンラインの収益源は、現在の状況においてメリットがあり、また将来においてもすばらしい成長の機会をもたらす可能性があります。

ビジネスの運営環境を理解する

新型コロナウイルスに関連して、これから何が起こるかは誰にもわかりません。それでも今後の展開について可能性の高いシナリオ、低いシナリオが見えてきています。

世界の多くの都市はすでに、またはこれから、思い切ったソーシャルディスタンスの方策を取らなければならない状況です。この結果、今後数カ月以内のいずれかの時点で、地域の商業活動は一部または完全に停止することになります。これにはあなたがどこに住み、どこでビジネスを行うかに関する制限が含まれます (これまで制限されていない場合)。新型コロナウイルスの世界的大流行の初期には、積極的な移民政策を推し進め都市封鎖を避けようとする国もありました。残念ながらこれらの国の最近の状況から、この政策を続けることはできないようです。「いつもどおりのビジネス」が不可能になること、またおそらく予想より早い時期にそうなることを想定すべきです。

ソーシャルディスタンスの方策は短期間では終わらず複数回にわたって実施されるでしょう。専門家によると、ウイルスの広がりを抑えるには、この感染症の一連の経過期間、つまり約 2 週間の都市封鎖を複数回にわたって行うことが必要です。スペイン風邪のような過去の感染症の大流行の経験、また最初に新型コロナウイルスが広まった各国の経験から、感染には複数回のピークが発生しうることがわかっています。このため、地域で行動制限が緩和されると、時間をおいて感染の広まりの勢いが増し、再度制限が課されることになるでしょう。

新型コロナウイルスへの対応の計画においては、目前に迫った重大なビジネスへの脅威に備えるだけでなく、短かい期間、比較的通常に近い状況に戻った後に、また危機的な状況が、波のように繰り返し訪れることを考慮する必要があります。この期間は不安に満ちた雰囲気となり、一般の人々の反応は混乱したものとなるでしょう。

このため、すぐに採用できる柔軟な、物理的な拠点が営業可能かどうかを問わず、ビジネスに役立つ対策を選ぶ必要があります。幸いなことに、オンラインへの進出は、これらの条件をすべて満たしており、この危機が収束したあとも引き続き役立つものです。

初めてのオンラインストア

オンラインストアを ゼロから 構築するのは負荷の高いプロジェクトになります。正直に言えば、平時であってもほとんどのビジネスにそのようなプロジェクトは避けるように助言するでしょう。幸いなことに、この数年でテクノロジー企業がすばらしい選択肢を作り出しています。それらの E-コマースのプラットフォームは手ごろな料金で、簡単に利用開始して運用でき、ユーザにはエンジニアリング面の負担はありません。また顧客には、オンライン販売が主要業務である最大手クラスの小売業者と同等の高品質な体験を提供できます。このようなプラットフォームは、もっとも多くの顧客との取引を可能にする、オンラインでのビジネス展開のために、他の手段と比べて、はるかに優れた、最高の、最速の、もっとも信頼できる手段です。

Stripe は、ビジネスが開発作業なしでオンラインに移行できるように支援する、多数のプラットフォームおよびマーケットプレイスと提携しています。もっとも利用者の多い提携プラットフォームの例をリンク先で参照できます。これらのソリューションは、オンラインで新しい収益源の可能性を獲得し、新規、既存を問わず顧客にリーチし、ビジネスへの新型コロナウイルスの影響を低減するために役立ちます。Stripe のパートナーディレクトリでニーズに合った特定のソリューションを検索することもできます。

これらのツールの多くは、以下のような事例のために構築されています。

  • E-コマース
  • 募金のためのプラットフォーム
  • 非営利組織向けプラットフォーム
  • 宗教的奉仕活動向けプラットフォーム
  • レストランとフードデリバリのオプション
  • 財産管理のためのプラットフォーム
  • フィールドサービス向けプラットフォーム

すべての在庫やメニューをオンラインに移行することがたいへんそうな場合は、一番よく売れている商品またはサービスをまず移行し、徐々に範囲を広げましょう。小規模に始めることで、市場への投入が早まり、オンラインで営業する仕組みについての経験を積むことができ、段階的に物流面の課題に対応できるようになります。

オンラインでの販売は、オフラインでの販売と大きく異なります。オフラインでは一般に、顧客は何を買うか決めるために、製品を直感的に選ぶか、スタッフに質問するかという限られた選択肢しかありません。オンラインでは、コピーライティング、写真撮影、ビデオ作成が重要なスキルになることがすぐにわかるでしょう。幸いこれらのスキルは簡単に試せます。またおそらく必要な道具はすべてすでにお持ちでしょう (スマートフォンは商用レベルの写真とビデオの制作に非常に役立ちます)。

顧客を獲得し維持するには

ビジネスのサイトへのトラフィックを最大化するために、以下のような方法が役立つ場合があります。

実店舗を利用する: 既存の収益ベースにおいて、得意客が大きな比率を占めている場合、今は店を開けられなくても、実店舗が得意客の心をつなぎとめている可能性は高いでしょう。店を閉めている場合は店の外に、(今後のさまざまな状況に備えながら) 営業している場合は店の中にも、お知らせを貼ります。あなたの商品を購入できるオンライン店舗を顧客に知らせるのです。Web サイト、QR コード、一般的なプラットフォームの検索条件など、地域と顧客に適した形で知らせます。

既存の顧客に連絡する: 顧客のメールアドレスがわかっている場合は、実店舗の営業状況を説明し、オンラインで購入できる場所を案内するメールをぜひ送りましょう。顧客もこれまで以上にあなたの状況を気にかけているかもしれません。困難な状況にある地域のビジネスを、どうしたらサポートできるかを知りたいと考える顧客がいることは、広く報道されているとおりです。引き続きの利用をお願いしましょう。ソーシャルメディアや友人の紹介などにより、あなたのビジネスについて「伝えてもらう」ように依頼します。Stripe は E-コマース Web サイト向けに、メールを利用した効果的なマーケティングのガイドを用意しています。

ソーシャルメディアを (これまで以上に) 活用する: 多くのビジネスがソーシャルメディアのアカウントを持っています。アカウントがあるなら、今こそ活用すべきときです。アカウントがなくても、基本的なアカウントの設定は、通常は無料で手間もかかりません。スタッフや家族にどのサービスを利用すべきか相談するのもよいでしょう。 ビジネスを気に入ってくれている、ソーシャルメディアを利用している顧客層向けに、営業状況について最新情報を投稿したり、ビジネスの存在を多くの人に示すことができます。自分でソーシャルメディアを活用するだけでなく、あなたのビジネスについて投稿するように顧客に働きかけることもできます。写真を撮りたくなるような形で商品を見せたり、顧客に感謝を表し、ソーシャルメディアへの投稿を促す心のこもったカードを納品パッケージに同梱することは、ビジネスの認知度を高めるのに役立ちます。

Whatsapp のようなメッセージングプラットフォームを利用する: 通常の営業活動の一環として、既存顧客の Whatsapp 番号、電話番号などを入手しているでしょうか。現在取引がない場合は、顧客の邪魔になることは避けなければなりませんが、今の営業状況でどこであなたに連絡できるかを案内する、丁寧なお知らせを送ることを検討しましょう。ただし迷惑にならないように、このような手法は最低限にとどめることをお勧めします。

Whatsapp や同じようなメッセージングサービスを仮想店舗として使用して、成功しているビジネスもあります。テキストメッセージで受注し、組み込みの支払いオプションを使用して顧客に請求書を送付し、商品の配送を手配するのです。

顧客から支払いを受ける

これまで推奨したようなプラットフォームを利用する場合は、支払い機能も提供され、追加設定なしで利用できることが一般的です。顧客が支払うこと、そのお金を売り手の銀行口座に入金することの両方において、Stripe は多くのプラットフォームの支払い機能を支えています。

プラットフォームでの請求処理が難しいタイプのビジネスの場合、オンラインの請求システムを利用することも考えられます。Stripe を利用して、顧客がオンラインで支払いできる請求書を簡単に作成したり、または Stripe の請求処理パートナーを利用することもできます。

このようにすると、顧客にメールやメッセンジャーアプリで請求書を送付し、顧客自身のデバイスで支払い処理をしてもらい (クレジットカードを利用する、銀行送金を承認してもらうなど)、そして支払い処理が完了したので、注文を処理したりサービスを提供してよいという通知を受けることができます。

顧客に商品を届ける

商品の出荷は奥の深いテーマであり、顧客が最終的に満足できるかどうかを決定づけるものです。Stripe の E-コマース分野のユーザの多くは、E-コマースの出荷と物流に特化した企業を利用して出荷プロセスに対応しています。初めのうちは小規模に、注文を一つずつ自分の営業拠点で梱包し、(現在の環境でまだ利用可能なら) 地元の郵便局や配送業者から発送することもできます。

Stripe の既存のユーザは、たとえば以下のような優れた企業と提携しています。

  • Lalamove (シンガポール、マレーシア)
  • Gogovan (シンガポール)
  • Ninjavan (シンガポール、マレーシア、インドネシア)
  • Grab (シンガポール、マレーシア、インドネシア)
  • Gojek (インドネシア)
  • Shipper (インドネシア)
  • Sendle (オーストラリア)
  • Delhivery (インド)
  • Dunzo (インド)
  • Swiggy (インド)

その他のリソース

Stripe はお客様のような起業家をサポートしている、多くの刺激的な企業と提携しています。以下にその他のリソースを記載します。

Stripe がサポートします

オンラインビジネスを一人で実現できる人は だれもいません

オンラインビジネスの準備と運営は Stripe がサポートします

小規模なビジネスのオンライン対応を支援するために、専門知識を提供していただける場合は、こちらのフォームに入力してください。支援を必要としている人につなげるように、Stripe はできる限りのことをします。

Stripe のような企業がコミュニティをよりよく支援するための方法について、具体的なフィードバックをお持ちの政策立案者は、policy@stripe.com にご連絡ください。

ガイド一覧に戻る
You’re viewing our website for the Netherlands, but it looks like you’re in the United States.