ビジネスの成長と共に、CO₂ 除去に貢献

Stripe Climate を利用すると、炭素除去という二酸化炭素を除去する新たなテクノロジーの利用拡大のために、売上の一部を簡単に寄付することができます。炭素除去のゆくえを変えつつある、大きな抱負と高い目標を持つ成長中のビジネスのグループに加わりましょう。

登録は 1 分で完了

ダッシュボードで簡単に、炭素除去の最先端のテクノロジーに売上の一部を寄付できます。

最先端の炭素除去テクノロジーに投資

寄付金額は 100% 炭素除去に利用されます。Stripe では、長期的な貢献ができるよう努めており、科学分野のアドバイザー陣の助言に沿ったプロジェクトに投資しています。お客様の寄付金も同プロジェクトに投資されます。

寄付を行っていることを公表

お客様の取り組みを顧客に知ってもらいましょう。Stripe がホストするチェックアウトページ、領収書および請求書には、自動的にバッジが表示されます。Stripe の便利なキットを使うと、このバッジを適切なところに簡単に表示することができます。

世界中のビジネスによる利用が可能

炭素除去を大規模に行うには、世界的に協調した取り組みが必要です。Stripe Climate は世界中の Stripe ユーザにご利用いただけます。

早期支援者

大きな抱負と高い目標を持つビジネス

増加する早期支援者が炭素除去のゆくえを変えようとしています。

炭素除去の資金調達事例

気候変動対策には炭素除去が重要です

気候変動による壊滅的な影響を避けるためには、産業革命前と比較して世界全体の平均気温の上昇を 1.5°C 以内に抑え込む必要があります。これは全世界の CO₂ 排出量を 2018 年現在の年間 40 ギガトンから 2050 年までに実質的にゼロに削減する必要があるということです。

この目的を達するために私たちは大気中への新たな排出量を大幅に削減し、またすでに大気中に含まれている炭素を除去する必要があります。

世界の気温上昇を 1.5°C 以下までに抑える道すじ
世界の気温上昇を次のように抑える:
これまでの排出量 2°C 以下の道すじ 1.5°C 以下の道すじ 現在の道すじ
世界の気温上昇を 1.5°C 以下に抑えるために必要な炭素除去
グローバルカーボンプロジェクトを介したこれまでの排出量、1 「現在の道すじ」は SSP4-6.0,2,3 の CICERO から採用した除去の軌道を示しています。4モデル化されたシナリオには、削減が必要なその他の温室効果ガスの排出量も含まれますが、簡潔にするためこのチャートでは CO₂ のみを表示しています。

しかし、炭素の除去は進んでいません

森林再生や土壌での炭素貯留といった既存の炭素除去ソリューションは必要ですが、それだけではこの拡大しつつある問題に対応できません。このテクノロジーは 2050 年までに、(まだ成熟していなかったとしても) コストを抑えて幅広く利用できる可能性を持つものでなければなりません。

現在、炭素除去のためのソリューションはジレンマに直面しています。早期テクノロジーであるため、これらのソリューションは高価であり、顧客のクリティカルマスの獲得に至っていません。もっと幅広く利用されなければ、製造量を増やして価格を下げることはできません。

早期支援者は炭素除去のゆくえを変えられます

早期支援者は炭素除去の新たなテクノロジーについて、コストの低減と採用量の増加のスピードアップに貢献することができます。製造業における学習曲線と経験曲線を見ると、製品の導入と利用の拡大が改善をもたらすことが繰り返し示されています。これは DNA 塩基配列決定、ハードドライブの容量、太陽光パネルの経験曲線に共通して見られる現象です。

この考え方に基づき、Stripe は炭素除去に貢献する決意を固め、最初の一歩を踏み出しました。同じような考えを持つ支援者が幅広く連携して大きな額を投資すれば、産業界の軌道を修正し、世界が必要とする一連のソリューションにたどり着くことができるでしょう。
サンタフェ研究所による経験曲線の定型化された表現。5

炭素除去プロジェクトの特定と投資

Stripe のポートフォリオと科学分野のレビューア陣

Stripe は複数の分野にわたる一流の科学者グループと提携して、炭素除去のための最も有望なテクノロジーを特定し、評価しようとしています。早期段階にある炭素除去プロジェクトのポートフォリオを参照して、Stripe が選択するテクノロジーの基準を確認し、オープンソースによるプロジェクトの適用例をご覧ください。

対象の基準

Stripe がプロジェクトを評価する際に見ているポイントをご紹介します。

プロジェクトの適用例

Stripe のオープンソースプロジェクトの適用例をご覧ください。

炭素除去に取り組む

Stripe のポートフォリオに含まれる会社で働きませんか。

Stripe のポートフォリオ

Seachange は世界中の海のエネルギーと規模を活用して、炭素を除去しています。Seachange の実験的な電気化学プロセスでは、海水中の CO₂ を炭酸塩として隔離します。炭酸塩は貝殻に匹敵する不活性物質であるため、エネルギー効率がよく、恒久的に CO₂ が除去されます。

回収貯留

Running Tide は外洋で海藻を育てることで炭素を除去しています。海藻が最大限まで成長すると、浮遊性の海藻は深海に沈み、海藻に含まれる炭素はここで長期的に保存されます。光合成、海流、重力を利用した Running Tide のアプローチはシンプルで、規模の拡大が可能です。

回収貯留

地質学的な時代区分を重ねる中で、CO₂ は化学的に結合して鉱物になり、完全に石になります。Heirloom は何年もかかるこのプロセスを促進し、大気から CO₂ を吸収してその CO₂ を恒久的に地下に貯留するまでを数日で完了できる直接空気回収ソリューションを開発しています。

回収貯留

Mission Zero は大気中から電気化学反応を使って CO₂ を除去し、それを濃縮してさまざまな隔離方法を実現します。常温で利用できる実験的なプロセスはクリーンな電力を動力源にすることができ、モジュラー型の市販の機器を使用することで低コストで大量処理を実現できる可能性があります。

回収貯留

CarbonBuilt のプロセスでは、低濃度の CO₂ をただちに炭酸カルシウムに変えて、従来のコンクリートの代替となる「妥協のない」低炭素の選択肢を生み出します。CarbonBuilt の技術基盤は恒久的に CO₂ を貯留するための収益化および大規模化が可能なソリューションであるため、直接空気回収技術を利用する今後の炭素除去システムにおいて重要な要素となる可能性があります。

貯留

Future Forest は、玄武岩を粉々に砕いて森に撒き、CO₂ 吸収力を測定するという鉱物の風化を促進する実地試験を実施中です。世界で初めてのこの試験は、大規模化の可能性、そして風化を促進することによって起こり得る生態系への影響を評価するうえで役立つと見込まれています。

回収貯留

2021 年度のレビューア

Holly Jean Buck 博士

ニューヨーク州立大学バッファロー校
ガバナンス

Wil Burns 博士

アメリカン大学
ガバナンス

Anna Dubowik 氏

ネガティブエミッションプラットフォーム
ガバナンス

Petrissa Eckle 博士

スイス連邦工科大学チューリッヒ校
エネルギーシステム

Erika Foster 博士

パデュー大学
エコシステムエコロジー

Katherine Vaz Gomes 氏

ペンシルベニア大学
無機化

Steve Hamburg 博士

Environmental Defense Fund
エコシステムエコロジー

Susana Garcia Lopez 博士

ヘリオット・ワット大学
大気からの直接回収

Zach Quinlan 氏

スクリップス海洋研究所
海洋

Vikram Rao 博士

Research Triangle Energy Consortium
無機化

Phil Renforth 博士

ヘリオット・ワット大学
無機化

Olufemi Taiwo 博士

ジョージタウン大学
ガバナンス

Shannon Valley 博士

ウッズホール海洋研究所
海洋

Minjdert van der Spek 博士

ヘリオット・ワット大学
大気からの直接回収

よくあるご質問

Stripe Climate に関する一般的な質問への回答が得られます。