Atlassian: グローバルな請求および決済の単一プラットフォームを構築するために Stripe を選択

Atlassian は、Jira Software、Confluence、Trello、Bitbucket など、チームコラボレーションおよび生産性向上のためのソフトウェアを提供する主要プロバイダーです。グローバルに展開する同社は Stripe と提携し、サブスクリプション管理と請求システムをよりシンプルにし、ビジネスの拡大を図っています。

使用製品

    Billing
    Payments
アジア太平洋
エンタープライズ

課題

2015 年以降、Atlassian は数社を買収し、ユーザーのプロジェクト計画やインシデントの解決、製品展開をサポートするツールスイートを拡大してきました。ツールスイート全体での統一された購入体験を構築するため、独自の請求ソリューションの構築を検討していましたが、多くの企業がぶつかる壁に直面しました。その問題とは、実現させるために Atlassian のエンジニアリングリソースを中核となる製品とは別の場所に配置しなければならないということです。

「従業員数が 10 人から 10 万人規模の、20 万社を超える企業にサービスを提供する際、SMB とエンタープライズビジネスの両方に合う請求ソリューションを独自に構築することは、かなりの大仕事です。Stripe と提携することにより、当社のエンジニアリングリソースをプロダクトイノベーションに専念させたまま、スケーラブルな購入体験を構築できました」(Atlassian の Go To Market IT 部門責任者 Chandra Elango 氏)

解決策

Atlassian が Stripe を選んだ理由は、Stripe がフレキシブルな請求ソリューションを持ち、企業と密接に関わり合うアプローチを採用していたことにあります。このアプローチにより、Atlassian の決済と請求のシステムを 1 つの使いやすいアーキテクチャに統合することができます。パートナーシップを検討する際、Stripe と Atlassian は密接に協力し、エンタープライズ向け製品群の拡大に合わせて Atlassian の売上向上につながる 10 数種類のカスタム機能を設計しました。

「Stripe を活用することで、当社は Atlassian の未来に投資しているのです。支払い関連のすべてを Stripe に任せられるため、社内のチームは当社独自の営業活動を強化し、製品をお客様の市場に届けることに専念できます」(Atlassian CIO の Archana Rao 氏)

従来のプロバイダーとは異なり、Stripe Billing はあらゆる点において企業の請求チームがサブスクリプションと運営を最適化できるよう、構築されています。

Stripe Billing は、Billing ネットワークで学習し続ける機械学習を備え、これを利用した Smart Retries 機能は、失敗した支払いを一定のスケジュールで再試行する場合と比べ、14% 高い収入をもたらします。

さらに Stripe Billing は、チームにとって適応性が高く、使いやすい製品です。Stripe の中核となる Subscription API の柔軟性により、Atlassian は即座にサブスクリプションをスケジュールし、料金体系モデルを適宜カスタマイズし、B2B 決済サポートを完全に自動化できるようになりました。

結果

Stripe のインフラストラクチャーは、Atlassian のサブスクリプション製品全体をつなぐレイヤーとして機能するため、運営コストを削減でき、収益最大化のためのさらなる機会を生み出します。

「Stripe の製品スイートの内容はますます充実してきています。Stripe は、ユーザーが何もしなくてもインターネットビジネスの収入を増加させるパワフルなツールとなっています。Atlassian が製品全体でのサブスクリプションを簡素化するために Stripe をパートナーとして選んでくださったこと、とても嬉しく思います」(Stripe の収入最高責任者である Mike Clayville)

このパートナーシップにより、Atlassian は Stripe を使って数百社の企業をつなぎ、拡大と適応を実現しています。Stripe は現在、顧客として年間 10 億ドル以上を処理する 40 業種のリーダー企業と提携しています。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます