Fundraise Up は Stripe の支払い方法を導入することで、非営利団体のオンライン寄付による収益を倍増

Fundraise Up は、自社のプラットフォームに簡単に組み込み、寄付者のチェックアウト体験に強力な支払い最適化ツールと使用頻度の高い支払い方法を導入できることから、Stripe との提携を選択しました。

使用製品

    Payments
    Connect
    Radar
北米
スタートアップ

課題

オンライン寄付を敬遠する理由として、オンライン寄付の操作の煩雑性を挙げる寄付者が数多く存在します。2018 年に創立された Fundraise Up は、E-コマース産業が売上を増やすために使用するものと同種のテクノロジーを活用することで世界中の非営利団体を支援し、この問題を解消しようとしています。Fundraise Up は、大規模なプラットフォームモデルをサポートし、内蔵型の支払い最適化ソフトウェアを提供し、コンバージョン率を向上させる支払い方法をサポートできる決済パートナーを必要としていました。

ソリューション

Fundraise Up は、自社のプラットフォームに簡単に組み込み、寄付者のチェックアウト体験に強力な支払い最適化ツールと使用頻度の高い支払い方法を導入できることから、Stripe との提携を選択しました。Stripe と提携することで、Fundraise Up は 1 つの一貫した API を使用して新機能と支払い方法を短期間で追加するとともに、一元化されたダッシュボードを使用して、わかりやすい顧客アカウント管理プロセスを整備することができました。

Fundraise Up では独自の不正防止技術の使用に加えて、Stripe Radar を導入して顧客に強力で適応性のある支払い保護を提供しています。寄付者が Apple Pay、Google Pay、ACH デビット、BECS ダイレクトデビット、カナダのプレオーソリデビットなどの支払いオプションから希望するものを選べるようにすることも、Fundraise Up は自社の組み込みに簡単に追加して用意できただけでなく、非営利団体にとってもアカウント登録または開発作業なしで利用できるほどシンプルにできました。

結果

Stripe の支払い最適化ツールと支払い方法のスイートによって、Fundraise Up はベストプラクティスのアプローチを使用して確実にプラットフォームを構築できました。複数の支払い方法の間で Stripe を支払い処理の中核として使用することにより、Fundraise Up はオンライン寄付による収益を倍増し、ギビングチューズデーなどの主要な募金イベントの期間中に 1 秒あたり数百件の取引を処理できるようになりました。また、リアルタイムのオーソリによっても、Fundraise Up は毎月の定期募金者を 3 倍に増やすことができました。これは非営利団体にとって将来的な計画の策定が可能になるために重要な要素です。

Stripe Radar と Fundraise Up の不正防止ツールを組み合わせることで、非営利団体の不審請求の申請を受けた支払いを 70% 削減しながら、チェックアウトの煩雑な操作を最小限に抑えることができました。利用頻度の高いデジタルウォレットとダイレクトデビットを Fundraise Up と Stripe の技術と組み合わせることにより、定期募金の支払いの失敗と不審請求の申請を減らすことができました。

非営利団体では十分な設備投資が行われず、テクノロジー企業からの十分なサービスを受けられないことから、使命を果たすために切実に必要とする新しい技術もなかなか利用できません。Stripe の業界一流の決済テクノロジー、不正防止および支払い方法の対応範囲によって、当社では非営利団体が活動を広げられるように支援できます。寄付者はすばらしい体験で迎え入れられ、これは将来にわたる価値を生みます。

Salvatore Salpietro、最高顧客体験責任者

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます