Lottus Education、Stripe との提携によりコンプライアンスに準拠する決済ソリューションを 2 週間で実装

Lottus Education は、メキシコの大学と高等教育機関を保有するグループです。従来の教育とオンラインコースを組み合わせる Lottus Education は、利用しやすく影響力の強い教育プログラムで、個人の成長や職業的な成長を促し、学生の人生を変えることを目指しています。

使用製品

    Billing
    Payments
    Radar
北アメリカ
スタートアップ

課題

Lottus Education は、教育は変革のための手段であると信じ、メキシコの学生にさまざまな分野でのユニークな体験や質の高い教育の選択肢を提供することに力を注いでいます。その一方、同機関は、時代遅れで業務の効率性を著しく損なう決済構造に苦しめられていました。Lottus Education は決済インフラの近代化を検討する中で、学生の継続支払いを簡略化するための、堅牢なセキュリティを備えた使いやすいプラットフォームを求めるようになりました。具体的には、学生のオンライン決済の導入率と維持率を向上できるようサポートしてくれるパートナーが必要でした。

ソリューション

Lottus Education は、シームレスな UI と統合された決済機能を評価して、Stripe との提携を選択しました。決済ソリューションの導入における目標として、1 つの決済代行業者に、クレジット/デビットカード、銀行振込、現地の決済手段 (具体的には、OXXO および Meses Sin Intereses) など、複数の決済手段を統合したいと考えていました。多くの決済手段を提供する Stripe Payments に支えられ、同機関はより多くの顧客を獲得できました。さらに、Stripe Radar を実装することで、支払いに対する不審請求の申請に対応する時間を削減し、チームが業務効率を最適化できるようになりました。

Lottus Education の次のステップは、学生による学費の支払いを合理化する Stripe Billing の導入です。クレジットカード情報の保存が可能な Stripe Billing は、支払いの滞納による解約を最小限に抑えて、顧客維持率を向上します。Lottus Education の最高製品責任者である Andres Fleiz Jaso 氏は次のように述べています。「Stripe Billing 導入の目的は、学生によりシンプルな支払い方法を提供することであり、それによって顧客維持率の向上も期待できます」

結果

Lottus Education は、2 人のエンジニアによってわずか 2 週間で、規制に準拠した決済ソリューションを実装することができました。また、今後その他の Stripe 製品を取り入れたり、新しい大学に拡張したりする際にもシンプルなプロセスでそれらを実行できます。

Stripe との提携により Lottus Education は国内外の学生にシームレスな決済体験を提供できるようになり、結果として売上を増加させることができました。Stripe の導入後、同機関のオンライン決済は 15% 急増し、現在では決済の 50% がオンラインで処理されています。Jaso 氏は次のように述べています。「Stripe に切り替えてから、データ保管、ダッシュボードの柔軟性、技術文書がこれまでよりはるかに改善されました」

Lottus Education は、Stripe Radar により不審請求の申請率を 80% 削減することに成功しています。現在の不正使用率は 0.05% であるため、不正使用対策部門に人員を追加する必要性が減っています。

私たちは、簡単に拡張でき、当社の他のブランドにも適用できるプラグアンドプレイのソリューションを必要としていました。Stripe のおかげで、より効率的な運営が可能となり、企業全体でミッション達成に向けた業務に時間を割くことができるようになりました。

Andres Fleiz Jaso 氏、最高製品責任者

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます