ヨーロッパでの決済方法は変化し続けています

PSD2 規制では多くのオンライン支払に 2 段階認証 (SCA) が義務付けられています。Stripe はコンバージョンを最適化しつつ、これらの規制を満たすためのサポートをします。

00:00 / 00:00

新しい要件によりさらに複雑化

2019 年 9 月 14 日より、PSD2 規制では、不正使用を低減するため、欧州の顧客による多数のオンライン決済に対し 2 段階認証 (SCA) が義務付けられます。支払いが拒否されないようにするため、企業は取引固有の免除が適用されないかぎり、オンラインでのクレジットカードによる決済の認証を強化する必要があります。

お客様の事業に対する SCA の影響は、購入タイプ、チェックアウト中またはチェックアウト後のいずれに顧客に対して請求を行うか、および顧客の利用銀行によって異なります。Stripe は、お客様がこの複雑な処理を管理し、チェックアウトコンバージョンに対する SCA の影響を最小限に抑えられるように、SCA 対応の決済 API と機能を開発しました。

SCA および PSD2 に関するガイドを読む

SCA によってチェックアウトフローが変わります

  1. 支払いを開始する

    顧客がカード情報を入力し、チェックアウトフォームへの記入を完了して支払いを開始します。

  2. 動的認証をトリガー(新機能)

    Stripe のプラットフォームは、認証が必要であるかどうかを検出します。認証が必要な場合、Stripe は 3D セキュア 2 (3DS2) を使用して、ワンタイムパスコードまたは生体認証 ID のいずれか (顧客の銀行が対応している方法) で顧客を認証します。

  3. 支払いを完了する

    3D セキュアによる顧客の本人確認が完了したら、カードに請求できます。

多くの企業では、この動的認証ステップを既存のチェックアウトフローに容易に組み込むことができます。請求を後で (顧客がチェックアウトフローの処理を行っていないときに) 行う目的でカード情報を保存している企業の場合は、購入を承認するために顧客をオンラインに戻す必要が生じる場合があります。

SCA 対応決済フローについて詳しく読む

SCA への準備は Stripe にお任せください

Stripe の SCA 対応ソリューションは、SCA 要件および関連する免除に適応する決済フローを構築するのに役立ち、コンバージョン率を守ります。Stripe Radar は、強力な機械学習を使用して Stripe ネットワーク全体で不正使用率を低減するため、企業が適用除外を利用して低リスクの取引を確保するのに役立ちます。また、顧客で認証が必要な場合、Stripe では、チェックアウト内認証フローでのわずらわしさを軽減でき、バイオメトリック照合に対応することもできます。

柔軟性の高い API 組み込み

Stripe の新しい動的 Payment Intents APIStripe ElementsStripe.js、またはモバイル SDK とともに使用して、独自の SCA 対応決済フォームをデザインできます。Stripe の柔軟性の高い開発者プラットフォームでは、お客様の事業に適した SCA 対応チェックアウトフローの構築が可能です。

Stripe Elements と Payment Intents API を使用すると、SCA 対応のカスタム支払いフローを構築できます

構築済みのチェックアウトフロー

新しい Stripe Checkout を使ってみましょう。Stripe Checkout は洗練された支払いページです。コードを数行追加するだけで、コンバージョンが最適化されたエンドツーエンドのチェックアウトフローを作成できます。Checkout では、SCA が必要かどうかが動的に検出され、3D セキュア 2 を使用したチェックアウト内確認機能を使用できます。

Stripe の新しい Checkout ページは、SCA の要件に対応する洗練された支払いページです

定期支払いロジックの組み込み

継続支払いを受け入れる企業の場合、Stripe Billing は認証を必要とする定期支払い請求を特定します。また、追加の認証が必要となった場合に登録者にメールを送信することもできます。

SCA が必要な場合、Stripe Billing は認証確認のメールを送信できます
You’re viewing our website for Estonia, but it looks like you’re in the United States. Switch to the United States site