SQL で Stripe データを検索

SQL で即時に解決。

企業が自社の Stripe のデータをすばやく分析し、チームがいち早くインサイトを得られるよう Stripe Sigma が開発されました。

  • ビジネスについて詳しく知る

    構造化されたデータへアクセスすることで、解約する可能性が低い顧客を特定する、収益に貢献する地域を調べる、さらに 2 月に最も人気のある製品を調べる、などが可能になります。

  • セットアップや ETL が不要

    ダッシュボードで SQL を書くだけでカスタムレポートが作成でき、すぐに結果が得られます。データの繋ぎ込みや DWH を構築、メンテナンスするエンジニアは不要です。

  • 各チーム KPI に特化したレポート

    無料データを入手し、経理、サポート、プロダクト管理およびその他のチームが直接レポートを入手できればアクションがもっと速くなります。

はじめる準備は出来ていますか?

無料トライアルをはじめる、または以下でもっと知る。

素早く結果が得られます

様々な分野の事業で使えるレポート用クエリを用意してあります。月間経常収益や顧客単価の算出から顧客の支払い方法分析など、カスタマイズ可能な作成済みテンプレートが手に入ります。もちろん一から作ることもできます。シンタックスハイライト、エラー表示、自動補完もサポートしていますので、クエリを簡単に作成できるようになります。

構文に関して


        
  • idPrimary key

    Unique ID.

  • amountBigint

    The amount (in the smallest currency unit; e.g. cents in USD and yen in JPY).

  • amount_dueBigint
  • amount_offBigint
  • amount_refundedBigint
  • amount_reversedBigint
  • customersTable
  • customers.account_balanceBigint
  • customers.business_vat_idVarchar
  • customers.createdTimestamp
  • customers.currencyVarchar
  • customers.default_source_idVarchar
  • customers.delinquentBoolean
  • customers.descriptionVarchar
  • customers.discount_coupon_idForeign key
  • source_idForeign key

    ID of the related payment source.

  • source_transaction_idVarchar
  • source_transfer_idVarchar
  • source_typeVarchar
  • sourcesTable
  • sources_metadataTable
  • sources_metadata.keyVarchar
  • source_idForeign key

    ID of the related payment source.

  • source_transaction_idVarchar
  • source_transfer_idVarchar
  • source_typeVarchar
  • source_idForeign key

    ID of the related payment source.

  • balance_transactionsTable
  • balance_transactions.amountBigint
  • balance_transactions.automatic_transfer_idForeign key
  • balance_transactions.available_onTimestamp
  • balance_transactions.createdTimestamp
  • balance_transactions.currencyVarchar

Stripe データをすぐに活用

Stripe に保管された構造化データ(追加メタデータを含む)へ素早くサイドバーからアクセスできます。これにより Stripe の支払い、顧客、定期支払い、返金などのデータと簡単に連携させられます。

利用可能なスキーマが Stripe Sigma 上で閲覧できます。

一致するカラム名またはテーブル名が見つかりませんでした。

クエリを保存してチーム内で共有

よく使われるクエリを保存しておき、いつでも実行したりチームメンバーと共有したりできます。

料金体系

Stripe は蓄積されたビジネスデータを並行処理して瞬時に複雑なレポートを生成できます。 Stripe Sigma 料金は基本的に前月の支払い、オーソリ、プラットフォーム手数料の利用回数に基づいています。もっと知りたい

    インフラ手数料
    You’re viewing our website for Lithuania, but it looks like you’re in the United States. Switch to the United States site