本人確認するための最も簡単な方法

Stripe Identity では、プログラムを使用してユーザの ID を確認するため、不正使用者からの攻撃を防ぎ、正規の顧客の負荷を最小限に抑えることができます。

信頼と安全の強化

詐欺行為者と不正行為者の数を削減し、マーケットプレイスまたはコミュニティの信頼性を高めます。

不正使用による損失を削減

お客様のリスクチームは、安全に本人確認情報を収集し、ユーザが正規ユーザか不正使用者かを判別できます。

KYC の効率化

コンプライアンス要件の重要な部分を満たす一方で、ユーザがユーザ登録時に本人確認情報を容易に提供できるようにします。

アカウントの乗っ取りを防止

ハイリスクな機能を許可する前や、アカウント内に疑わしいアクティビティがある場合には、セキュリティのレベルを高めます。

仕組み

確信を持って本人確認を確定

Stripe Identity は、Stripe が世界中で数百万のユーザを確認するために使用しているのと同じテクノロジーを基盤に構築されています。Stripe Identity は、弊社がグローバルに行っている顧客確認 (KYC) プロセスやリスク運用において、重要な役割を担っています。

グローバルユーザの確認

政府 ID の規格が国によって異なるため、グローバルユーザの本人確認は困難です。Stripe Identity を使用すると、33 カ国以上の ID ドキュメントが本物かどうか自信をもって確認できます。

  • コンバージョンが最適化された確認フローで ID をキャプチャ
  • ドキュメントから抽出されたデータを取得
  • ID ドキュメントの収集された画像と自撮り写真にアクセス

コンバージョンを最大化

低質な画像キャプチャは、正規ユーザが間違って拒否される最もよくある理由です。Stripe Identity ではユーザが写真撮影をする際に順を追って案内し、自動的に各フレームにスコアを付け、最も判読可能な画像を選択して成功率を最大化しています。

身分証明書をこちらに移動してください
キャプチャ中…

不正使用者を阻止

Stripe Identity は、Stripe が自社のグローバルネットワークへの攻撃を防御するために使用しているのと同じテクノロジーを基盤に、構築されています。Stripe は 10 年以上にわたって巧妙な不正使用者を遠ざけてきた経験と知識を生かして、不正防止システムを最適化してきました。また、最新の攻撃ベクトルを防ぐためにモデルを常に更新しています。

  • 機械学習で偽の ID となりすまし写真を検出
  • ID の写真とドキュメント保有者の 自撮り写真を照合
  • SSN住所をグローバルなデータベースと照合

今すぐ始める

Stripe ネットワークを基盤に構築

支払い定期支払い入金などのコアビジネスの運用と ID 確認を一元化することで、エンジニアリングチームは導入に要する時間を短縮し、運用チームはシステム間の切り替えに費やす時間を削減できます。

コーディング不要で確認を開始

ダッシュボードから直接確認リンクを作成します。不正使用とリスクを管理するチームは、Identity を使用してさらに多くの情報を収集し、Stripe Radar によってフラグ付けされた疑わしい取引を評価します。

プログラムによる確認の拡大

事前に構築されたライブラリと SDK を使用する ID 確認が埋め込まれています。プラットフォームとマーケットプレイスは、独自のリスク信号に基づいて追加の確認情報を収集するように Connect アカウント登録を設定できます。

ユーザデータを安全に保つ

セキュリティとプライバシーを中核に

Stripe Identity は、年間数千億ドルの決済を処理するグローバルインフラストラクチャの構築で培ったノウハウに基づきます。Stripe のシステムは、プライバシーを重視しながら同意を収集するよう設計されています。

機能一覧

エンドツーエンドで本人確認を管理

料金体系

シンプルでわかりやすい料金体系

今すぐ始めましょう

ダッシュボードで始めるか、ドキュメントをご確認ください。

よくあるご質問

Stripe Identity が機密性の高いユーザデータをどのように処理しているかをご紹介します。

支払いの不正使用を防止

Stripe ネットワークの力で支払いの不正使用を防止