WordPress: Stripe を利用して数百万の Web サイトで継続支払いに対応

WordPress は、Web で 3 分の 1 以上のシェアを誇るオープンソースのオンラインパブリッシングプラットフォームです。毎月 4 億 900 万人以上の利用者が 155 億以上のページを閲覧しています。現在、WordPress のユーザは Stripe の継続請求機能である Connect と Billing を活用して、定期購読から支払いを継続的に受けることができます。

使用製品

    Payments
    Connect
    Billing
北米
エンタープライズ

課題

WordPress は、クリエイターと Web サイト運営者向けにサブスクリプション機能を追加して、顧客から継続支払いを回収できるようにするソリューションを探していました。WordPress が求めていたのは、ユーザがあらゆる種類のビジネスモデルを試せるように、使いやすさと柔軟性を提供してくれるパートナーでした。

ソリューション

WordPress のチームは Stripe Connect 上にプラットフォームを構築することで、サイト運営者が読者向けに継続支払いプランを設定できるようにしました。これにより、プレミアムニュースレターへの請求、月次の寄付の受け付け、会費の回収などが簡単に行えるようになりました。Connect は、売上の流れを管理することにより、複雑な処理に対応し、コンプライアンスにかかわる負担を軽減してくれました。

結果

WordPress は現在、Stripe を活用してプラットフォームに商取引を導入し、あらゆるユーザがサイト運営と起業のための機能を利用できるようにしています。WordPress のサイト運営者はわずか数分で継続支払いプランを設定でき、通貨、支払い期間、サブスクリプションの段階が異なっていても、柔軟に支払いを受け付けることができます。

従来のシステムから最新の決済機能へ切り替え

最新のテクノロジーに精通した顧客は、簡単なワンクリックの決済ソリューションを求めています。WordPress はこの課題を認識し、従来の支払い設定から、Stripe による最新の統一された決済スタックへと移行しました。これにより、ユーザはそれぞれの WordPress サイトで Stripe の支払いゲートウェイを介して、簡単にクレジットカードによる支払いを受け付けられます。

パートナーシップを WooCommerce と Jetpack に拡大

WordPress.com を運営する Automattic は、これまでに目覚ましい結果を出したことから、Stripe とのパートナーシップを WooCommerce と Jetpack にまで拡大しました。この結果、エンドユーザ向けのスムーズな機能が実現しました。さらに、顧客はチェックアウト時に外部でホストされるチェックアウトページにリダイレクトされることなく、WooCommerce のストア内に留まるようになったため、ストアオーナーのコンバージョン率と収益が増加しました。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます