Stripe ユーザのための新型コロナウイルス関連リソース

世界はこれまでに経験したことのない事態に直面しています。世界中の企業が、各国政府の新しい方針、店舗販売からオンライン販売への突然の転換、需要の急激な落ち込みや増加、キャッシュフローの問題などへの緊急の対応を迫られています。Stripe は急変する状況にユーザのみなさまが対応できるように取り組んでいきます。
新型コロナウイルスに関連して生じる問題に対応するために Stripe が提供している製品、プログラム、リソースの例は以下のとおりです。

Stripe のシステム + 信頼性

Stripe にとってもっとも重要なことは、お客様の顧客へのサービス提供を支え、お客様の決済インフラストラクチャが安定して継続的に稼働するようにサポートすることです。Stripe のチームは、リモートワークの準備を整えていて、世界中の何百万もの企業のために Stripe のシステムが継続的に利用でき、拡大可能であり、財務上の影響があってもそれに耐えられるように対応しています。24 時間 365 日対応のメール、電話、チャットによる無料サポートも、これまでどおりすべての Stripe ユーザにご利用いただけます。

Stripe は金融パートナー、テクノロジー企業、そして政府とも協力して、この危機の間、またその後に企業をサポートするためのプログラムに取り組んでいます。このページは最新のリソースと情報を反映して随時更新されます。

最新情報

Stripe の利用を開始する

オンライン支払いの受け付け開始をお急ぎのビジネスは、ドキュメントに従って Stripe のご利用を始めてください。

Billing

定期支払いの回収をダッシュボードまたは API 経由で一時停止できるようになりました。

オンライン診療プログラム

Stripe はオンライン診療プラットフォームへのサポートを急ピッチで進めながら、これらのプラットフォームがより迅速に Stripe の利用を開始できるように支援しています。

支払い

すべてのビジネスが、将来的な返金やチャージバックに対応するために、事前に Stripe 残高に資金を追加できるようになりました。

Stripe とパートナーが提供するリソース

お客様が直面している問題は、返金処理の増加から需要急増への対応まで、ビジネスモデルと業界によって異なります。Stripe は、お客様が必要な行動を起こせるようにサポートする機能を、速やかに追加しています。Stripe プラットフォームは、今すぐビジネスにご利用いただける必要な製品と機能を提供しています。

E-コマースとチケット販売

物品やチケットを販売しているビジネスは、通常より返金処理が増える可能性があり、不正使用に特に注意する必要があります。

返金の自動化 (総合的に見ると返金がチャージバック処理よりも一般に経費を抑えられる場合) や、返金に対応する人員の拡充を行うことができます。また、増加する不審請求の申請に対応する必要もあるかもしれません。

不正使用を抑制するために、Radar for Teams を使用して、より安全性を重視したリスクのしきい値を設定します (30 日間の無料トライアルがご利用可能です)。不正使用の可能性がある支払いをスクリーニングするために、通常よりも多くの支払いを手動で確認するためのルールを設定することもできます。

小規模企業、小売業、およびサービス業

店舗、レストラン、ジムなど、対面サービスを提供する多くのビジネスが、現在実施されているソーシャルディスタンスの方針により、特に大きな影響を受けています。

E-コマース機能を迅速に追加したビジネスでは、よい成果が得られています。Stripe の E-コマースガイドを参照して、または Stripe パートナーが提供する豊富なソリューションから最適なものを選択して、コードの作成なしで E-コマースを開始できます。

多くのビジネスが商品や購入品の顧客への配送を始めています。

SaaS

リモートワーク、コラボレーション、仮想イベントのようなソリューションの導入を急ぐ顧客からの問い合わせが急増している企業も一部にありますが、多くの企業は需要の減少と販売サイクルの長期化に直面しています。

SaaS 企業は無料のトライアル期間を延長し、販売サイクルの長期化を受け入れて、先の見通せない市場に不安を感じている顧客をサポートする必要があるでしょう。

完全な解約を避けるために、定期支払いの一時停止や割引きを提供することもできます。

オンデマンドマーケットプレイス

配送サービスに関連するマーケットプレイスは、業務規模の急拡大という課題に直面しています。他のマーケットプレイスは、提供できるサービスに厳しい制限が課されています。

需要の増加に対応している場合、新しいサービスプロバイダを早急に設定しましょう。米国のマーケットプレイスは仮想支払いカードを作成し、物理カードの到着を待たずに購買資金を供給することもできます。

多くのマーケットプレイスが迅速にリソースをとりまとめ、通常より早めの支払いや特別の支払いを行うことで、プラットフォームを利用しているサービスプロバイダが需要の減少に対応できるように支援しています。

ソフトウェアプラットフォーム

多くのソフトウェアプラットフォームが、顧客である小規模企業のパンデミック対応への支援を急ピッチで進めています。

米国に拠点を置くプラットフォームは、より迅速な入金を顧客に提供できます。

Stripe はパートナーと連携して、中小規模企業向けのリソースとガイドを作成しています。はじめに、パートナーが提供する下記のガイドをご参照ください。

非営利団体

多くの非営利団体がこの危機に緊急の対応を行っており、寄付のフローを整える必要があります。

非営利団体は Stripe を利用して 1 回だけの寄付、または継続的な寄付をオンラインで受け付けられるように設定できます。Stripe と提携しているプラットフォームを選んで、寄付金集めを強化することもできます。

Stripe は条件を満たした非営利団体の処理手数料を割引します。

その他のリソース

どのようなタイプのビジネスであっても、経営陣に役立つと思われるガイドとリンクをまとめました。

よくあるご質問

入金タイミング、返金などについてのよくあるご質問に対する回答を、サポートサイトに掲載しています。その他のご質問については、お問い合わせください。Stripe はメール、電話、チャットにより 24 時間 365 日対応のサポートを提供しています。

Stripe がサポートします

新たなプロジェクトやプログラムのリリースをお急ぎの場合は、Stripe の営業チームがサポートしますので、ご連絡ください。また Stripe は Stripe の組み込みや簡単な機能変更のサービスを提供している開発者エージェントとも連携しています。

新型コロナウイルス対応に関わるプロジェクトに参加するには

オープンソースプロジェクト

開発者向けには、GitHub の仲間が新型コロナウイルスへの対応を支援するオープンソースプロジェクトの一覧を作成してくれました。世界規模で開催されているハッカソンである #BuildForCovid19 に参加することもできます。また Help with COVID's website で専門的な支援を必要としているプロジェクトを見つけることもできます。 コミュニティを支援するプロジェクトやツールを構築した場合は、ぜひお知らせください。Stripe は適切な情報がそれを必要としている人に届くように協力します。

企業がオンラインビジネスを開始できるようにサポートする

小規模企業の多くは、オンライン支払いや配送サービスなどの準備や運用について、サポートを必要としています。専門知識を提供して、小規模企業がオンラインでビジネスを展開できるようにご支援いただける場合は、このフォームに入力してください。必要としている企業に支援をつなげていきます。

最新情報を入手

新型コロナウイルスの最新情報については、各国の担当省庁が提供する情報を参照してください。

新型コロナウイルス関連情報を Stripe から受信

何かお困りですか?

24 時間 365 日、メール、電話、チャットでサポートします。ご質問がございましたら、またはコードについてサポートをご希望の場合は、お問い合わせください。