会社を登録する方法: 新規ビジネスにとって重要な最初のステップ

Atlas
Atlas

わずか数クリックで会社を設立し、顧客への請求、チームメンバーの雇用、資金調達に取り掛かれます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 会社を登録することの意味
  3. 会社の登録が重要である理由
  4. 会社を登録する方法

会社を正式に登録することで、急成長中の事業に対する法的および財務的な安全性を確保できます。会社を登録することで事業運営が法的に裏付けられることになり、未登録の事業では得られない財務上のメリットや保護を利用できるようになります。

2022 年には、米国だけで 500 万もの新規事業が創出され、各事業が会社の登録という重要なステップに踏み出しました。このプロセスは最初は大変に見えるかもしれませんが、小さな要素に分解することで対応できます。事業を登録する意義は、単に法的要件を満たすことではなく、新事業スタートという目標を実現するための強固で法的根拠のある基盤を築くことです。会社が強固な法的基盤の上に立つことで、将来起こり得る負債や法的紛争から会社を守りながら、成長と拡大に向けた舞台を整えることができます。そのプロセスの主なステップを以下に示します。

この記事の内容

  • 会社を登録することの意味
  • 会社の登録が重要である理由
  • 会社を登録する方法

会社を登録することの意味

会社の登録とは、特定の管轄区域で事業体を正式かつ合法的に設立する手続きです。通常、このプロセスでは、事業の詳細を政府機関に記録します。それにより、事業が所有者個人とは別個の法人として認識されることになります。登録することで、会社は合法的に事業を行い、責任を負い、契約を締結することができるようになり、法の下で一定の保護を受けることができます。また、会社には固有の納税義務と報告義務が課されます。

会社の登録が重要である理由

以下のような複数の理由で、会社を登録することは重要です。

  • 法的保護: 会社を登録することで、会社を所有および管理する個人とは異なる、独立した法人格が生まれます。このように法的に分離されることは、賠償責任の点で特に有益です。会社が負債を抱えたり訴えられたりしても、ほとんどの場合、所有者や株主の個人資産 (自宅、車、個人の銀行口座など) は保護され、会社の負債を返済するために使われることはありません。「企業のベール」として知られるこの保護は、企業経営者にとって重要なメリットです。

  • ブランドの保護: 会社を登録することで、管轄区域内でビジネス名を保護できます。つまり、同じ地域で他の事業者は同一の名前を登録できません。そのため、ブランドのアイデンティティを保護し、顧客の混乱を防ぐことができます。会社の登録は、商標登録の代わりになるものではありません。商標登録の場合は、全国的または国際的に、より包括的にブランドを保護できます。それでも、会社の登録は重要な最初のステップです。

  • 信用と評判: 登録済みの企業は、未登録の企業に比べて「合法的で信頼できる」と認識されることが多くなります。顧客、サプライヤー、パートナーは、登録済みの企業との取引に安心感を抱くものです。登録済みであることは、長期的なコミットメントと、事業に対する真剣な取り組みを表しているためです。さらに、中には登録済みの企業としか取引を行わない企業もあります。

  • 金融サービスへのアクセス: ほとんどの金融機関は、銀行口座の開設や融資の申し込み、その他の銀行サービスを利用する前に、会社の登録を義務付けています。資金調達が必要な場合、投資家は通常、投資する前にその会社が法的に登録されていることを期待します。事業が株式会社として登録されていれば株式を発行できます。これは効果的な資本調達方法です。

  • 税制上の優遇措置と義務: 登録により、会社は正式な経済活動に参加することになります。これにはメリットもありますが、責任も伴います。一定の事業控除、信用、その他の税制上の優遇措置を受ける資格があり、全体的な税負担を軽減できる可能性があります。一方では、法人税の支払い、売上税の徴収、従業員に対する所得税の源泉徴収など、事業の種類に応じて適用される税法を遵守する必要があります。税務の専門家に相談し、具体的な税務上の影響を理解することが重要です。

  • 契約と合意: 法人として登録された企業は、自身の名前で契約の締結、不動産の賃貸、その他の事業活動を行うことができます。これは、商用リース契約の締結、サプライヤーとの契約締結、従業員の雇用、顧客との交渉など、事業運営のさまざまな局面で重要な意味を持ちます。

会社を登録することには大きなメリットがある一方で、一定の義務と責任も伴います。これには、関係当局への年次報告、正確な財務記録の維持、事業関連の法律や規制の遵守などが含まれます。そのため、専門家の助言を仰ぎ、自身の事業や現状に対して登録がどのような意味を持つのかを十分に理解することが賢明です。

会社を登録する方法

新しい事業に強固な基盤を築くには、関連する法的プロセスを理解する必要があります。重要なステップの一つが会社の登録です。このプロセスにより、事業を正式に法的な存在とし、事業運営の多くの側面に対して基盤を構築することができます。登録手続きは最初は複雑に見えるかもしれませんが、個々のステップに分割すれば、すぐに管理できるものになります。

以下に、会社を登録する手順を示します。

  • 事業形態の選択: 会社を登録する前に、事業形態を決定する必要があります。個人事業主、パートナーシップ、有限責任会社 (LLC)株式会社、非営利団体などの選択肢があります。どのような形態を選ぶかは、会社の運営、税金、所有者の法的義務に影響します。

  • ビジネス名の選択: 対象の管轄区域で使用されていない一意のビジネス名を選択する必要があります。多くの州や自治体では、名前が使用可能かどうかを確認するためのオンラインツールが提供されています。

  • ビジネス名の登録: 名前が決まったら、関連する政府機関に登録します。管轄区域によっては、新聞に名前を掲載する必要がある場合もあります。

  • 関連する法的書類の提出: 事業形態によっては、会社を正式に設立するために特定の書類を提出する必要があります。たとえば、株式会社を設立する場合は定款を提出する必要があります。LLC を設立する場合は、運営協定を提出する必要があります。これらの文書には、事業の目的、運営体制、所有者の権利と責任などが詳細に記載されます。

  • 登録手数料の支払い: 通常、事業の登録には費用がかかります。この手数料は、管轄区域や選択する事業形態によって異なります。

  • 必要な許認可の申請: 事業の内容によっては、合法的に営業するために特定の許認可を取得する必要があります。これには、消費税免許、保健所の許可、専門家免許などが含まれます。

  • 雇用者識別番号 (EIN) または納税者番号の取得: 多くの国では、事業用の納税者番号を取得する必要があります。米国では雇用者識別番号 (EIN) がこれに該当し、IRS はこの番号を使用してあなたの事業の納税義務を追跡します。

  • 州税および地方税の登録: 管轄区域や事業の内容によっては、売上税、失業保険税、州所得税など、特定の州税や地方税の登録が必要になる場合もあります。

これらのステップを完了すると、事業は法的に登録されたとみなされ、営業を開始する準備が整ったことになります。登録は事業のジャーニーにおける大きな節目です。会社は法的な基盤を得ることができ、将来的な運営と成長の舞台が整います。これは、あなたの事業がコンセプトから公に認められた法人に移行する瞬間です。従業員を雇い、顧客にサービスを提供し、成長する準備が整ったことになります。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。