プラットフォームとマーケットプレイスのための決済インフラ

Connect は一連のプログラム可能な API とツールを提供します。Connect を利用すれば、ソフトウェアプラットフォームにおける支払いを容易にし、マーケットプレイスを構築して、世界中の売り手やサービスプロバイダに入金することができます。支払いに関するコンプライアンス対応はすべて Stripe にお任せください。

仕組み

支払いと入金を促進する最も簡単な方法

ユーザのアカウント登録

ユーザのアカウント登録と本人確認を行う。

支払いを受ける

ユーザの代わりに支払いを受け入れ、処理します。

ユーザに入金する

支払いの分割、資金の移動、送金を行う。

プラットフォームの管理

プラットフォームまたはマーケットプレイスの支払いとユーザを管理する。

ユーザのアカウント登録と本人確認を行う

Connect の構築済みの最適化された UI を使用する場合も、独自のカスタムフローを構築する場合も、ユーザは迅速に利用を開始できます。Stripe が本人確認を行って顧客確認 (KYC) とコンプライアンス要件に対応します。

  • ユーザエラーの最小化と登録増加のために最適化
  • 35 カ国、14 の言語にローカライズ済み
  • 各国の本人確認要件の変化に応じて、自動的にアップデート

支払いを受ける

Connect を利用すれば、顧客は世界各地の 135 種類以上の通貨と、一般的な多くの支払い方法を受け入れることができます。オンライン支払い、請求書による支払い、または店頭販売の支払いを提供できます。

支払いの受け取り方法

  • オンラインおよびモバイル決済
  • 店頭販売の支払い
  • 定期支払いと請求書
  • Invoicing

支払い方法

  • クレジットカードとデビットカード
  • ACH
  • Alipay
  • Apple Pay
  • Bacs ダイレクトデビット
  • BECS ダイレクトデビット
  • FPX
  • OXXO
  • SEPA ダイレクトデビット
  • WeChat Pay

資金フローの管理

Connect のグローバルな決済経路、および入金エンジンを利用して、迅速にユーザに入金し運用経費を削減しましょう。複数ユーザ間での売上の分割や、海外への即時送金、取引ごとの利益を指定することができます。

ダイレクト支払い

多くの場合、買い手は売り手と取引を行う際にプラットフォームの存在に気づきませんが、プラットフォームは取引に対し手数料を取ることができます。 例: 買い手は Shopify のプラットフォームに構築された店舗から購入します。

デスティネーション支払い

買い手がプラットフォームと取引します。プラットフォームは、プラットフォーム手数料を回収した後に、売上を売り手に送金します。 例: 買い手は Lyft アプリを使用して乗車を予約します。各支払いの一部が Lyft のドライバーに送金されます。

支払いと送金別方式

買い手が購入し、その後、プラットフォームがその支払いから複数の売り手に、それぞれの金額を送金します 例: スクータープラットフォームの Bird が、スクーターのバッテリーを充電する受託者ネットワークに、レンタルによる売上を分割します。

トップアップ

プラットフォームが自身の Stripe 残高に銀行口座から資金を追加し、Stripe で行われた支払いに結びつけられていない送金を行います。 例: プラットフォームが割引を買い手に提供するため、Stripe 残高にトップアップします。売り手やサービスプロバイダには引き続き全額を支払います。

入金

プラットフォームが、売り手やサービスプロバイダの銀行口座またはデビットカードに売上を送金します。この売上はプラットフォームが受け取る支払いには関連付けられていません。 例: Cozy が Cozy の銀行口座から家主に送金します。

Instant Payouts

プラットフォームが、売り手やサービスプロバイダの銀行口座またはデビットカードに売上を即時に送金します。 例: Instacart は配達完了後、数分で買い物代行スタッフに支払いができます。

定期支払い

プラットフォームは、プラットフォームの売り手が、買い手から継続支払いを直接回収することを許可できます。 例: Blackbaud は各非営利団体が継続的な寄付を受け付けられるようにしています。

アカウントのデビット

プラットフォームが売り手やサービスプロバイダからの売上を、自身の Stripe 残高に送金します。 例: プラットフォームがユーザからの売上を引き出して不審請求手数料に充当します。
  • 銀行
  • 買い手
  • プラットフォーム
  • 売り手やサービスプロバイダ

プラットフォームの管理

すべての取引を完全に記録できるように Stripe がサポートするので、お客様は簡単に支払いを追跡して照合できます。 米国では Connect は、総収益の追跡機能と、1099 申告書の自動生成と送信の機能を提供しています。
  • ユーザ情報の更新
  • ユーザの本人確認ステータス
  • 送金
  • 返金
  • チャージバックの処理
  • カスタムレポートの構築

セキュリティとコンプライアンス

プラットフォームとマーケットプレイスのためのコンプライアンス対応

入金は規制が厳格で国ごとに異なるため、複雑な業務になりがちです。Connect では、支払いのコンプライアンスにかかわる必須事項に Stripe がお客様の代わりに対応します。Connect が提供する機能には、PCI 準拠に対応するためのカードデータのトークン化、KYC (顧客確認) を管理するための確認システム、世界規模の Stripe ライセンスの活用などが含まれます。
  • 最適化された本人確認要件
  • 個人およびビジネスの KYC (顧客確認) および AML チェック
  • OFAC 規制および制裁遵守のためのスクリーニング
  • MATCH リストチェック
  • PCI コンプライアンスのためのクレジットカードデータの安全なトークン化
  • グローバルな規制 (PSD2/SCA を含む) へのコンプライアンス
  • 米国の Money Transmitter Licenses (MTL)
  • EU の E-money (EMI) License
  • IRS の税金対象収入の確認および 1099 対応

Connect のおかげで、最小限の取り組みでコンプライアンスを実現し、支払いに関して顧客サポートにかかる時間を実質ゼロにすることができました。当社プラットフォームでのユーザ体験が変わることもありません。それに新しい国にビジネスを拡大するときにも、Stripe がサポートしてくれると思うと心強いですね。

Johannes Koeppel, CEO 兼共同創立者

構築済みの機能

Stripe の統合された支払いスタックで新しい事業部門を追加

Connect は、顧客がプラットフォームから簡単に支払いを受け、それを維持できるようにサポートします。また、店頭販売の支払いやオンライン支払いの直接受け付けから請求書の送信、経費カードでの支出、ビジネスファイナンスの利用など、すべての Stripe 機能へのアクセスをユーザに提供できます。

店頭販売の支払い

対面とオンラインの支払いを一元化します。

継続および一度限りの請求書

組み込み請求でユーザが迅速に支払いを受けられます。

定期支払いと請求書

ユーザが柔軟な定期支払いや請求プランを作成できるようにしましょう。

ビジネスファイナンス

ユーザがキャッシュフローを管理して成長できるよう、ローンを提供。

カードの発行と管理

ユーザ向けに物理的カードおよび仮想カードを作成、配布、管理します。

レポート作成と分析

ユーザに強力なレポート作成と分析を提供。

オンラインおよびモバイル決済

Apple Pay のような支払い方法を提供し、ユーザのコンバージョン率を向上。

ユースケース

あらゆるビジネスモデルの基本となる構成要素

マーケットプレイスの決済機能を強化する

運営するマーケットプレイスが、オンデマンド向け、小売業向け、クラウドファンディング向けのいずれであっても、Connect はユーザの大規模なアカウント登録、本人確認、入金をサポートします。

プラットフォーム上の支払いを促進し、収益化する

ユーザのための強力な支払い機能を提供することで、ソフトウェアプラットフォームの価値を高めましょう。将来にわたり利用できる Stripe の高性能なテクノロジーを組み込んで、独自の支払いサービスを簡単に構築できます。

世界中で入金可能

Connect の洗練された入金エンジンは、世界中の売り手、フリーランサー、サービスプロバイダへの送金を迅速化します。即時の支払いも可能です。

Connect を利用して売上を増やす

Connect を使用するマーケットプレイスやプラットフォームは、手動プロセスやコンプライアンスリスクを低減させながら、迅速に収益を増やしビジネスを拡大できます。

364%

Stripe に切り替え後の ROI

10%

売り手からの収入増加

67%

拡大コストの削減

支払いファシリテーションのための完全なソリューション

Connect を使って、どのように支払いのホワイトラベルの利用と収益化ができるのかご覧ください。

あらゆるビジネスモデルに対応する料金体系

使用量ベースで必要なケイパビリティに基づく柔軟な料金体系。